写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤⑥⑦』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

カルミアですか? 市が尾<ICHIGAO-ICHIE 006>  

昨日の雨がウソのように穏やかに晴れ上がった。不思議なかたちの花が咲いていた。週末は30℃を超すという、梅雨がなければやりきれない夏がもうそこまでだ。

カルミア(アメリカシャクナゲ)小?

豪雨のち白薔薇 市が尾<ICHIGAO-ICHIE 005>  

屋久島の50年来の豪雨つながりか、地球温暖化か、梅雨の走りか…市ヶ尾の風雨もようやくおさまりつつあり(15:30)。

白薔薇市ヶ尾02

ブラシノキ八分咲き? 市が尾<ICHIGAO-ICHIE 004>  

<ICHIGAO-ICHIE 001>で紹介した「ブラシノキ」、5日後のきょう(5/13)にはもう八分咲きです!


ピラカンサス 市が尾<ICHIGAO-ICHIE 003>  

「西アジアを原産とするバラ科の植物。秋にできる実がサンザシに似ていること、常緑であることから「トキワサンザシ」との別名がある。日本でピラカンサと呼ばれるのは本種とトキワサンザシ、ヒマラヤトキワサンザシの3種。タチバナモドキの実は黄色く、ヒマラヤトキワサンザシは本種よりも全体に大振りで、実の数が多い」(「庭木図鑑 植木ペディア」より)  by iPhone


群れる生きる 荏田<ICHIGAO-ICHIE 002>  


ブラシノキ開花 市が尾<ICHIGAO-ICHIE 001>  

写真は今の今を撮る以外にありえない、しかし今の今をということは過去をそして未来をも思考してシャッターを切る。わたしが見た、そして事物が人間がそして世界がそこにあるという確かな手応えを指に感じる。きょうブラシノキ(カリステモン)開花~オーストラリアからはるばると開花。 by iPhone

ブラシノキ

いかだ流し 夢の島<golden 60's-6>  

木場は地名としては残っているが、もはや木材の中継地・問屋街としては無い(木材関連の業者はわずかに残っているが)。夢の島もいまではきれいな公園に整備され、植物園もある。これは60年代末の夢の島周辺の筏流し。


余寒に咲く梅の花 横浜都筑<或日或処⑥-8>  

余寒に咲く梅の花


睦月の雪 新宿中野<東京TOKYO④-6>  

事実上の初雪は、どうやら「大雪予報」がはずれてうっすらと積もって昼過ぎにはやみ、夕方からまた降り出したがこれも少量。首都東京を混乱させることはなかったが…。やんごとなき用で都内に出かけることになり、久々にカメラを持って「上京」するもやや肩透かし(という浮ついた気持ちをカミさんに聞かせると雪国育ちの彼女は-子供のころは2階から出入りしていたのだから-怒るに決まっているのだが。

如月の雪001

如月の雪002

如月の雪003

如月の雪004

如月の雪005

如月の雪006

ヒヤシンス 寒の入り<或日或処⑥-7>  

ヒヤシンス美少年のこと(ギリシャ語)とは…寒の入り。

ヒヤシンス 小

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター