写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤⑥⑦』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

ポーランド映画の夜 横浜都筑<iPhone日録011>  

30余年の横浜生活で溜め込んだ荷物を思い切って捨てるのに奮戦中。本も次々捨てていくと、本の後ろから古いVHSテープが出てきた、ポーランド映画など。テレビの下にVHSプレーヤーがあったので試しに入れてみると動く…それでお盆は懐かしのそして新鮮な目でポーランド映画に触れることができました。カワレロヴィッチの「夜行列車」はヴァカンスで満員の列車内を描くので顔顔顔アップの独特な画角で物語られ、終点の「海岸」駅についてそれぞれの乗客が別れていく…(この海岸駅、鶴見線の「海芝浦」駅とくらべればどうということはないけれど、文字通り海岸線に着く~駅舎もプラットフォームもなく結末に相応しい場所ではある)。次は、39歳にして自動車事故で死んだムンク監督の「パサジェルカ」、撮影途中のため友人達が残されたフィルムとスチール写真で構成した未完の名作。アウシュビッツのごく一部が舞台になるが、おぞましい臭気が充満している。













紫電一閃 都筑荏田<神奈川考③-7>  

明け方というには早すぎるのだが3時半、南側に紫電一閃そして雷鳴がとどろき、起きてしまった。落雷とともに雨が強く降りだし、ベランダに干してあったかなと洗濯物を確かめたり(何もなかったのだが)しているうちに完全に目が覚めてしまい、きょうは寝不足になやまされている。せっかく買ったヒョウタンも写しておこうと家で苦心してみました、左はヒョウタンですが、右はカボチャの類だそうです。たまにはモノクロームで。


秋の気配 横浜駅東口<iPhone日録010>  

7日が立秋、台風13号で猛暑は一息ついたが、きょうからまた強力な日ざしが容赦ない。まだまだ暑さは続くのだろうが、秋の気配も忍び寄る。
小さなカボチャはよく母が買ってきて、玄関にそれとなく置いていた。ホオズキとヒョウタンも撮っているうちに欲しくなり買った。






広島に行くことが多く、原民喜の本を(いまいちど)読み直していた。翻訳した『ガリバー旅行記』もふくめて読んでいた。先日はたまたま鶴見俊輔の『埴谷雄高』を読んでいて、まるで座敷わらしのごとく(という表現ではなかったが)いつのまにか原民喜が埴谷雄高の家にいて黙ったまま過ごし知らぬ間にいなくなる、ということが多かったという。埴谷といえば『死霊』に代表される「難解な」と言われる小説と未来社から出した評論集で知られているが、その人柄は大変社交的であったそうだが、原民喜の人となりについては分からなかった。そんなとき梯久美子が原民喜について書いているというので出版とともに購入し、読んだ(もうベストセラーだとか)。遠藤周作とU(祐子)と原の日々あたりからは涙がとまらない…あとは読んでください、新書なので一気に読めます。


遠き日の石に刻み
      砂に影おち
崩れ墜つ 天地のまなか
一輪の花の幻
(遠藤周作宛の遺書に同封されていた「碑銘」という詩。「原爆ドーム」横にひっそりと建っている)


原民喜小



別れ 荒川・秋ヶ瀬公園<iPhone日録009>  

10年間、ツーリングをともにしたQUARK号を手放すことになりました。新しい乗り手は、学生時代にサイクリングをやっていてまた乗りたくなったという方(「日本サイクリング協会会員証を持たないと電車に持ち込めない」という話をしていたので、若くはないですね)、幸せな後半生になるでしょう。しかし、手放すとなると惜しくなる(…人情?)、秋ヶ瀬公園の駐車場から荒川を巡るのも楽しいだろうとまた思うのでした。


ムシが見つからない 横浜都筑<iPhone日録008>  

リハビリに行っている間に病院を出ると大雨、台風12号の圏内に入っていた。
午前中は、シラカシかサンショのどちらかにイモムシがいるんだろう、糞がいっぱい落ちていた。くまなく調べたが見つからなかった、メガネも換えどきかな?…で、さっき(夕刻)気づいたのですが、一昨年2016年のきょう7/28に桜の葉が食べられているのを見つけて…これもなかなか見つけられなかったけれどついに発見したんです!そしてiPhone7で撮影したのがこれです、変身見事!



観測史上最悪の猛暑! 横浜東口<iPhone日録007>  

西日本(中心の)豪雨の被災地にも容赦なく陽は照り続け、気象観測史上最長の猛暑が続き復旧作業を滞らせています。20分作業後に10分の休憩をと取り決めたところもあるようです。夏用の衣服が必要との呼びかけもあり、明日から荷造り・発送をおこなう予定です。小学校5~6年の1年間の入院生活から退院後もしばらくは学校に行かなかったころ、伊勢湾台風の救援物資の荷造りに励む母を手伝ったことを思い出します。
金曜日の昼間は横浜の韓国語教室に通っているのですが、開始前の1時間余をMOSで勉強(コンブ ヘヨ)していますが、ここが冷蔵庫のように寒い!デニムのジャンパーを着ていても芯から冷えて…まぁぜいたくな悩みではあるのですが。
追記)本日7/23東京青梅で40.8℃、埼玉熊谷で41.1℃、もう災害です!!「気象庁は同日夕に開いた緊急記者会見で、連日の猛暑を「命の危険がある暑さ。一つの災害と認識している」とし、熱中症など健康管理への十分な注意を呼びかけている」(asahi.comより)


西日本の大雨による大被害 - お見舞い申し上げます  

asahi.com7月7日18時49分より「活発な梅雨前線による記録的な大雨は、西日本の各地に土砂崩れや河川の氾濫(はんらん)などの被害を及ぼした。7日も各地で雨が降り、今回の大雨で、11府県で37人が死亡、1人が重体となったほか、行方不明や連絡が取れない人は67人となった。避難指示・勧告は23府県で計863万人に及んだ」
asahi.com7月10日20時28分より「西日本を襲った豪雨の被害は10日、さらに拡大した。13府県で死者が157人、心肺停止が1人、行方不明や連絡を取れない人が73人に上っている。梅雨明けした被災地では、多くの地点で今年最高の暑さを記録。広島県と岡山県を中心に計約1万人が避難生活を送る中、災害関連死など被害の広がりを防ぐ対策が急務になっている」

20110729恐山既出

6月梅雨明け 横浜都筑<iPhone日録006>  

2~3日前、民放の天気予報士が「個人的には梅雨明けと思いますが・・・」と言っていたら、きょう気象庁が関東甲信地方の「梅雨明け」を発表した。観測史上(「記録が残る1951年以降」という微妙な表現だが。<陸軍気象部 高円寺 アジア太平洋戦争遺跡遺品④-1>既報)最速だという、わたしの記憶でもそう思います。長い長~い夏になるということだ。※上記「アジア太平洋戦争~④-1」のキャプションでは「風船爆弾を飛ばすための研究」と一側面しか言及していませんが、戦争遂行のうえで気象と通信は不可欠なもので、大きな作戦のときにはこの気象部から現地へ派遣されていました。

2018梅雨明け都筑 小
横浜都筑。

カジカガエル三葉 川崎宮前区<iPhone日録005>  

カミさんと美容院に行く。そこの息子さんは大の「オオクワガタ」マニアで、虫とか小動物が大好きな人。ある日、家の近くの駐車場でこのカジカガエルを見つけ毎日世話することになりました。清流に棲むカジカがなぜ川崎のど真ん中に現れたのか?だれかが飼っていたのではないかということですが、カジカさん(♀)運の良いことに良い人に見つけられ干涸らびることを免れ飼育三年目に入っています。えさを食べずにやせてしまったり、とその都度話は聞いていたのですがいまや元気に店頭デビューしました。雌なので美しい鳴き声は出しませんが、愛くるしい眼を動かしながらすばしっこく壁をよじ登っていきます。今回はiPhoneではなくミラーレス一眼です。※カエルが喜ぶ梅雨は朝鮮半島の方にいってしまい、連日30℃の猛暑となっている(北関東は35℃)、強い南風が吹き荒れています。

カジカガエル001

カジカガエル002

カジカガエル003

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター