写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

2/2付の「小倉コレクション」の続編となります。異国の文化財とりわけ美術品に魅了されて蒐集する、その気持ちは理解できます。20世紀初頭から東京にきたイギリス人弁護士ジョン・ガスビーはそうした蒐集家の一人で、高麗青磁に憑かれ「ガスビーコレクション」といわれていた。しかし1936年の「226事件」を契機に日本とイギリスの関係を危惧し、全コレクションを韓国人の澗松(全鎣弼)に手渡し、日中戦争、太平洋戦争、朝鮮戦争にも耐え抜き現在も韓国に保存されている(「失われた朝鮮文化」李亀烈)、という話もありますが(ガスビーの手に渡るまでの高麗青磁の遍歴は?という問題は残りますが)むしろ例外的な話で、日本を始め諸外国のコレクターに「死蔵」されているものの方が圧倒的に多いようです。

001多紐細文鏡BC3-1C慶尚南道小倉
多紐細文鏡BC3-1C慶尚南道

002壺BC1-AD3C平壌小倉
壺BC1-AD3C平壌

003緑釉竈1-3C楽浪古墳小倉
緑釉竈1-3C楽浪古墳。竈かまどのミニチュア、死者があの世でも暮らしていけるようにとの副葬品。

004金冠塚出土刀装具5C慶州小倉
金冠塚出土刀装具5C慶州

005銅製鐎斗6C慶尚南道小倉
銅製鐎斗6C慶尚南道

006鳥翼形冠飾6C昌寧小倉
鳥翼形冠飾6C昌寧。死者(強大な首長)に着ける飾り。

007印花文壺6-7C土製小倉
印花文壺6-7C土製

008緑釉壺7C陶製小倉
緑釉壺7C陶製

009孔雀明王座像7C小倉
孔雀明王座像7C

010慶州南山出土品8C小倉
慶州南山出土品8C

011瓦塔8-9C土製小倉
瓦塔8-9C土製

012金銅八角舎利塔8-9C光陽小倉
金銅八角舎利塔8-9C光陽


スポンサーサイト

上野三色 東博<東京TOKYO④-2>  

東博(東京国立博物館)東洋館の撮影に行き、本館裏の庭園をみてきました。モクレンは、よそはもう咲きすぎていますがここは日当たりが悪いせいかちょうどよく満開でした。桜はエドヒガンシダレが見頃。上野公園のソメイヨシノはまだですが、人が出る前に家族連れでお弁当を食べたりプチ花見を楽しんでいる人も少し、賢い選択かも知れません。※1点「ミカドヨシノ」を追加で「三色」にしました(3/24)。


モクレン


サクラ-エドヒガンシダレ


ミカドヨシノ


茅ヶ崎公園自然生態園 横浜都筑<神奈川考②-7>  

「茅ヶ崎」といっても湘南のそれではなく横浜市都筑区の地名です、そこにある「自然生態園」は土日祭だけ開放していますが、きょうは連休、3つの催しが重なっていました。こども(といっても大人が半数)自然観察会、シュンラン(春蘭)の観察会、それと地元の大学生でしょうか若い人の勉強会?がありましたが、それぞれ人数も少なくのんびりとまわれました。シュンランはひっそりと、しかし蘭ですから艶やかなのですがまだ咲く一歩手前でした。スギ花粉も満開飛散状態でしたが・・・。


ガマズミ


フキノトウ


モミジイチゴ


アセビ


不明


キブシ




ミモザしだれて 横浜都筑<神奈川考②-6>  

この花と出会ったのは、以前自転車仲間とバイエルンを走ったときでした。ドイツの田舎町には電柱のような上に円盤が付いていてコウノトリが巣を作ってヒナを育てていました。小さな町の銀行で円を両替するとき、年配の銀行員は1万円札なんて見たこともないようで、ためつすがめつ・引っ張ったりして点検していました、最後はインターネットで「照合」してユーロに替えてくれましたが。どこに行っても親切で、地図を見ているともっと良いコースがあると教えてくれます。それはそれは素晴らしく田舎っぽく、ニワトリが騒がしく小さな古ぼけた教会があったりします。ビールが旨い!・・・話がそれましたが、ミモザはいたるところに咲いていたのでヨーロッパの花だと思っていたらオーストラリア原産の花でした。オジギソウやアカシアの葉によく似た美しい葉をしています。






ここは横浜市営地下鉄仲町台駅の駅前です。5本ありますが、いちばん日当たりの良い木が見事に咲いています、順繰りに咲いていくのでしょうか、また行ってみましょう。
きょう3月10日は東京大空襲72年(明日は東日本大震災6年)、東京都慰霊堂で大きな法要が行われましたが、ここ墨田区立川の弥勒寺でも20名ほどでの小さな戦災忌が営まれました(昨年の模様は、<アジア太平洋戦争⑤-14>を参照してください)。午前11時から戦災殉難慰霊観音像(片岡静観作)の前で住職がお経をあげ参列者が焼香、午後1時半から本堂での法要、そのあと菊川橋の夢違之地蔵(ユメタガイジゾウ)尊で各町内から合流して合同での慰霊式が営まれるという3部の戦災忌でした。弥勒寺の観音様の下には名前も分からない3600名の方々が眠っています、この地は遺体が山のように折り重なっていたということです。




左はお孫さんでしょうか。



春三写 横浜都筑<神奈川考②-5>  

仕事の都合で都筑区からなかなか出られません、それで家の周辺を歩いていますが今年は春の到来が早く感じられます、毎日暖かいからでしょうか。モクレンもトサミズキももう少しで咲くところです(昨日3/8撮影)。昨日、撮影中に声をかけてくれた地元のお年寄り(男性)と話し込んでいたら、中央公園は(むかし山だったころは)第六天様というこわい神様がいて、勝手に雑木や産物をとっていくとたたりがあるということでした・・・地元農家共有の山(入会)だったということなのでしょう、節度を保って生活する知恵であったわけです。中学校は?「山内中学校まで1時間以上歩いて」、たまプラーザの中学校ですよ、昔は珍しいことではなかったと思いますが・・・。


ハクモクレン


トサミズキ


シダ(ワラビ?)
明日の大腸内視鏡検査にそなえて、今日は朝から「検査食(ダルムスペース)」を食べています。朝と昼がレトルトのおかゆ、夜がコーンポタージュ(レトルト)、間食にココア味のクッキーが2袋と粉末ジュースが2袋です。あと水、お茶のみ許可されています。もう何回か経験しているので読書に明け暮れることにしましたが、読書に「力が入らない」状態、読書もまた一種の力仕事であることに気づかされています。ねこやなぎ(カワヤナギ)は、昨日(3/3)突然の雨のあとに撮りました。







横浜如月 都筑<神奈川考②-3>  

二月は短い、あしたから三月です。ことしの二月は日本海側とりわけ鳥取方面で大雪でしたが、横浜あたりは暖かな冬でした。毎日あつくなって、上着を脱いで持てあましていました。横浜の冬というよりも、もう春ですね。

横浜如月001
コサギ

横浜如月002
お昼ごはん

横浜如月003
桜中メジロ

横浜如月004
桜花

横浜如月005
ミモザ

横浜如月006
工業団地倉庫

横浜如月007
かみかくし(地名)やや北

横浜如月008
泥さらい(かいぼり)中

横浜如月009
なにかな?1

横浜如月009-2
なにかな?2

横浜如月010
おたまじゃくし

春待つ花と咲く花と 平沼橋<神奈川考②-2>  

横浜駅近くの平沼橋に「イングリッシュガーデン」があるので車で行った。第三京浜(片道190円)三沢経由で行くと30分ぐらいで行ける(ハズだったが)。鉄道と運河と古い町並みとで、近くまで行けるのに行き止まり、運河の向こうとか苦労してたどり着く。このガーデンはバラをメインにしてるようでこの時季、花は少なくまだ寂しい。それでもいろいろな花が咲いていて、蕾もふくらみ芽を出している。ただ残念だったのは、バラ開花期の準備ということもあるのだろうが石灰が撒かれ、美しい葉も白い粉がまぶされて台無しだった。またバラの時季に来てみよう。

イングリッシュガーデン001
横浜平沼橋イングリッシュガーデン

イングリッシュガーデン002
クリスマスローズ

イングリッシュガーデン003
福寿草

イングリッシュガーデン004
不明

イングリッシュガーデン005
クリスマスローズ

イングリッシュガーデン006
ヒナギク栽培種デージー

イングリッシュガーデン007
ウメ

イングリッシュガーデン008
スミレ園芸種ビオラ

イングリッシュガーデン009
ミツマタ

イングリッシュガーデン010
不明

イングリッシュガーデン011
スノードロップ

イングリッシュガーデン012
チューリップ

イングリッシュガーデン013
スミレ園芸種ビオラ

イングリッシュガーデン014
不明

前回の伊勢佐木町も、27回に渡る空襲、とりわけ1945年5月29日の「横浜大空襲」により焦土と化しました。以前、日ノ出町、黄金町、霞ヶ丘、平沼橋(<アジア太平湯戦争遺跡・遺品①-7>所収)を撮影しましたが、今回は京急の南側を当時の写真を手がかりに歩いてみました。伊勢佐木町と野毛は場所が確定できませんでしたが、吉田橋と馬車道(が一つながりであることに今回初めて気づいたのですが!?)は特定でき、また当時の建築物が現在も活躍していることに驚きました。

1)伊勢佐木町
馬車道野毛001泉門三郎氏寄贈45
泉門三郎氏寄贈(横浜市ウェブサイトより、以下同) 1945年撮影。

2)吉田橋
馬車道野毛003米国立公文書館
米国国立公文書館所蔵 1946年7月4日独立記念日のパレード。

馬車道野毛004
上の写真の撮影位置は現在JRの高架上あたりですので、かなり手前下方やや左手からの撮影になりましたが、正面の「BAZAR」と書いたビル(イセビル)はよく見るとほぼ同じ、胸ときめく。大修繕をやってのことでしょうが、1927年(昭和2年)落成です。なるほど、伊勢佐木町から馬車道へはまっすぐつながった道路で往年は賑わったのですが、現在は横羽線、JR高架と味気ない空間になって分断されています。人の流れもまっすぐいかず、関内駅に吸い込まれていきます。

馬車道野毛005
イセビル(現「第一イセビル)の階段 すり減って築90年を物語る。

馬車道野毛006
1859年(安政6年)横浜が開港し施設充実のために入海であったところに木橋をかけ吉田橋と銘々した。現在の橋は1869年(明治2年)イギリス人ブラントンによって付け替えられたトラス鉄橋が元の、5代目となる。下はすでに首都高横羽線になっている。初期に治安のために関所が設けられ、関の内側(港側)が「関内」、外側が「関外」と言われるようになったという。

3)馬車道
馬車道野毛007米国立公文書館4509
米国国立公文書館所蔵 1946年9月20日撮影。

馬車道野毛008
右手オレンジのオブジェのところは「横浜宝塚劇場」(現・市民文化会館関内ホール)、上の写真で人がいっぱい集まっているところ。道路奥にアーチが見えるが、その上の青いドームが「横浜正金銀行」(現・県立歴史博物館、休館中)。「宝塚」の向かいの四角く目立つ建物が見つかりました、次の写真で紹介します。

馬車道野毛009
広東料理で有名な「生香園」(本店)でした。

馬車道野毛009-2
「生香園」を対角から見るとけっこう大きな建物で、むかしは何に使われていたのか分かりませんでしたが。

馬車道野毛010
「横浜正金銀行」ここで記念写真を撮って赤レンガ倉庫に向かう定番コースですが「日銀は内国を経理して外国に当たり 正金銀行は海外を経理して以て内国を益し・・・(略)」(松方正義蔵相)と位置づけられた極めて重要な銀行でした。相次ぐ戦争を金融面から支えていたとも言えるでしょう。

4)野毛
馬車道野毛011山室忠一氏寄贈4506
山室忠一氏寄贈 1945年6月撮影。やや上方から撮影しているので野毛の高台からでしょうか、道路には市電の軌道らしきものがみえるので当時の経路を調べればもう少し分かってきそうです。正面には焼け残ったビルが多く見えるので尾上町や港近くの方向らしい。

馬車道野毛012
上の写真はもっと左手だと思いますが(よく写真を見ていて手前が県道218号、その向こうが大岡川~となると逆に右側!?)成田山別院から。この辺も同様な惨状だったことでしょう。

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター