写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

明けましておめでとうございます!!!  

皆さま、明けましておめでとうございます!!! 旧年中は大変お世話になりました、本年もよろしくお願いいたします。

ウメ春右上24617377906_94718fcfae_z
スポンサーサイト

梅雨明けて 紫陽花の孤独 深く <東京TOKYO③-16>  

前にも紹介した大橋JCTの屋上「目黒天空庭園」で梅雨明けをむかえました。大橋の「日本地図センター」に立ち寄ったら地図・地理・地誌関連書の宝庫が4月から縮小してただの受付だけになっていてがっかり、天空に出て気分を変えようと。梅雨も明けたのだろうか、そこはかんかん照りで木陰というものがなく逃げ場がない。さて、天空の真下には地底があるのは必定、大橋JCTから(あくまで車で)山の手トンネルに下るぐるんぐるんぐるんもう一つぐるんと、スパイラルを下っていく。スリップ・横転が多発しているので、減速・要注意ですが。
前回の天空はこちら:天空の秋 大橋

天空庭園梅雨明け001
天空にはこの扉を開けて入っていく(?)

天空庭園梅雨明け003
カシワバアジサイ

天空庭園梅雨明け004
アベリア?

天空庭園梅雨明け005
ハマナス

天空庭園梅雨明け006
ブドウ棚の午餐

天空庭園梅雨明け007

天空庭園梅雨明け008
こちらは回廊風に作られたブドウ

天空庭園梅雨明け009
ヤブデマリ

天空庭園梅雨明け010
カズラ

天空庭園梅雨明け011
ススキ 天空には早くも秋の気配

天空庭園梅雨明け012
ヤブラン

天空庭園梅雨明け013
午後になって青空 1週間遅れの梅雨明けかな(7/28)

チングと蚊に刺されつつ 国分寺<東京TOKYO③-15>  

ちょっと古い写真(今年の6月半ば)ですが、子どもたちが遊んでいる姿を久しぶりに見ました。圧倒的に元気なのは女の子ですが・・・。

国分寺公園 小

PAINT 南池袋<東京TOKYO③-14>  

『KATACHI』に続いて、『PAINT』8点です。

南池袋PAINT001

南池袋PAINT002

南池袋PAINT003

南池袋PAINT004

南池袋PAINT005

南池袋PAINT006

南池袋PAINT007

南池袋PAINT008

KATACHI 南池袋<東京TOKYO③-13>  

わたしの写真展『東京三十六景』も、おかげさまで無事12日をすぎました(ジュンク堂は23時まで営業中なので過去形ではないのですが)。無事とはいえ、わが家では問題なかったパネルがジュンク堂に移したとたん乾燥で歪が出て虫ピンで補強したり、「事件」があったりと、波風たたぬわけではありませんでしたが・・・。そして会場が品揃えのよい本屋さんなので目移りがします。6階では歴史学者の加藤陽子のコーナーがドーンとあったりして、もう6冊も買ってしまった(読み終えたのは2冊)。きょうは南池袋を歩いてみました。思った以上に(神社もですが)お寺が多く、一部は繁華街に飲み込まれた感じですが、南側は雑司ヶ谷の神社仏閣にガードされて、東側も雑司ヶ谷霊園(住所は南池袋4丁目)にがっちりとガードされているという区域でした。今回は、『KATACHI』と『PAINT』の2本にまとめてみました。

南池袋かたち001

南池袋かたち002

南池袋かたち003

南池袋かたち004

南池袋かたち005

南池袋かたち006

南池袋かたち007

南池袋かたち008

南池袋かたち009

南池袋かたち010

写友ありがたく花 池袋・雑司ヶ谷<東京TOKYO③-13>  

写真というのはいいものだなぁとしみじみ思うときがあります、きょうもそんな一日でした。いま池袋でやっている写真展『東京三十六景』に、鳥取からNさん、千葉からSさんが見にきてくれました。それだけでも誠に有難いことですが、限られた時間のなかで三人で食事をしたあと雑司ヶ谷の法明寺の桜を見て、鬼子母神にお詣りをし、西武線山手線をくぐって西池袋の明日館(みょうにちかん、1921年フランク・ロイド・ライトと弟子の遠藤新設計。本ブログ 2013年7月池袋生活 自由学園明日館<東京TOKYO-30>所収)にいきました。振り返ってみるとその間多くを語ったわけではありませんが、古くからの友人知人のように自然に散歩しました。共通の写真がなしうる縁、いいものだなぁ、と。

2016池袋雑司ヶ谷001

2016池袋雑司ヶ谷002

2016池袋雑司ヶ谷003

花日和 神代植物公園<東京TOKYO③-12>  

花を見て蕎麦を食べるとなると、神代植物公園・深大寺が家から近い。ここのソメイヨシノはまだまだ6分咲き、満開は週末になりそうだ。おなじく6分咲きぐらいと思えるジンダイアケボノは花の色彩が鮮やかで、もう見ごろと言えそうだ。あのアーモンドもサクラの仲間だったなんて知らなかった、少し咲きすぎていたがきれいな花でした。蕎麦もうまい(お店は何十軒もあるので当たり外れはありますが)。

花日和001トサミズキ
トサミズキ

花日和002キクザキイチゲ
キクザキイチゲ

花日和003ハナニラ
ハナニラ

花日和004アーモンド
アーモンド

花日和005ジンダイアケボノ
サクラ(ジンダイアケボノ)

花日和006ジンダイアケボノ
サクラ(ジンダイアケボノ)

花日和007ソメイヨシノ
サクラ(ソメイヨシノ)

花日和008ハチジョウキブシ
ハチジョウキブシ

花日和009ゼンマイの類
ゼンマイ(の類)

花日和010ナノハナ
ナノハナ

花日和011ボケ
ボケ

花日和012アジサイ(スノーフレーク)
アジサイ(スノーフレーク)

小石川植物園便り 小石川<東京TOKYO③-11>  

先週末から大寒気が押し寄せて沖縄でもミゾレ、九州では大雪による大規模な断水で風呂に入れずお店も開けずと、まだ大変なことになっています、お見舞い申し上げます。横浜も道端にほんのわずか雪がのこっているものの、きょうは14℃。東京大学小石川植物園もぬくぬくで良い日和になりましたが、この時季は花があまり咲いていないので午前中はほとんど人がいませんでした。寒い日が続きましたが、ウメやロウバイはもう咲きすぎですが品種によっては「見ごろ?」でした。小石川植物園のHPにはまだ紹介されていませんでしたが、マンサクがそろそろではないかと・・・ちょうどこれからが良いところです、入ってすぐ右手です(ホントのすぐ、自転車置き場横です)。

小石川植物園便り001
スズカケノキ

小石川植物園便り002
ミズカンナ

小石川植物園便り003
ウメ

小石川植物園便り004
ソシンロウバイ

小石川植物園便り005
シナマンサク

小石川植物園便り006
シナマンサク

小石川植物園便り007
メキシコラクウショウ(落羽松、沼杉)

小石川植物園便り008
タイミンチク??

小石川植物園便り009
シラカシ

みぞれの多摩川 二子玉川<東京TOKYO③-10>  

大雪という予想だと心うきうきするのは東京育ちだからでしょう、津軽育ちのかみさんは雪なんてまいねです。06:17に上り電車に乗ったらこれが超満員、ふだんならば坐れる時間帯なんですが皆さん早めに出勤だったわけです。小一時間もかけて二子玉川に着くとすでにみぞれ、というかほとんど雨でした、そして風も強くて防滴カメラは大丈夫でしょうか?むかしの遊園地がタワーマンションになり新しい街ができて、高島屋側よりもにぎやかになってきました。しかしこういう大雪(といっても積雪5センチ)と強風下にはまだまだ住民は苦労して駅まで通っていました、ビル風ともあいまって。元気なのは、イヌ、カイツブリ、カワウ、カモメたちでした、人間てひ弱?It's sleeting today.

みぞれ001
田園都市線の鉄橋ですが、ここは危ない!余部忘るべからず。

みぞれ002

みぞれ003

みぞれ004

みぞれ005
「傘は壊れてぬれちゃうワ、でも犬は元気なの・・・」とニッコリ。

みぞれ006
カイツブリ

みぞれ007
カワウ

みぞれ008

みぞれ009

みぞれ010
あったかいポッケ。

みぞれ011
10:00ごろ、上りは改札制限だった。

みぞれ012
乗り換えホームも満杯。

暖冬連休初日 清瀬<東京TOKYO③-9>  

「東京のツノ」のようにニョキっと埼玉に突き出している清瀬市を、正月明け三連休の初日に走った。東所沢駅前でUくんと久しぶりに会って、お茶をごちそうになった。病み上がりの身にしては顔色が良いので安心したが、大手術直後の写真を見せてもらい(られて)死の一歩手前まで行くということはこういうことであったかと認識させられた。清瀬市は、結核療養所、ハンセン病全生園(東村山市)などの療養施設で有名だが、それらは「ツノ」の根元にあたる地域で、今回はしっかり埼玉風の柳瀬川沿いを走った(歩いた)。柳瀬川は北東へ流れ新河岸川になりやがて荒川に合流している。

清瀬柳瀬001

清瀬柳瀬002

清瀬柳瀬004

清瀬柳瀬005
ビオトープ本格的!ピチュ!って音がしたらカワセミでした。

清瀬柳瀬006サイカチ(皂莢)
サイカチの木。ソラマメのような大きな実が枯れ枝にいっぱいぶら下がっている。

清瀬柳瀬007

清瀬柳瀬008

清瀬柳瀬009

清瀬柳瀬010
電線。

清瀬柳瀬011

清瀬柳瀬012

清瀬柳瀬013

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター