写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

樹を見るひと 目黒自然教育園<再建樹木派①-2>  

「東京の良さ」というとき、わたしは意外と緑が多いことと思う。庭園、緑園、植物園が散在し楽しめる。ここ目黒自然教育園は、首都高と国道とビルとに囲まれた苦しい立地条件にあるが、なるべく自然そのままにのこそうとしている緑地ということだ。樹が枯れそして再生していく様を見られるように、ということは逆に教育園関係者の大変な努力のうちに何とか保たれている「自然」であることがうかがわれる。以前、学芸員の方と話したときに「カラスが増え、シュロの実を運んでくるのでシュロが増えて困っている」ということでした、事実その日に園の北側に行くとカラスが多く、撮影中にポトンとお土産をいただいた。今回行ってみると、多くなったシュロを伐採したが・・・しかしそれは「都市特有の姿」でもあるということであえてシュロ林を残した一角がありました。

見る人目黒001

見る人目黒002

見る人目黒003

見る人目黒004

見る人目黒005

見る人目黒006

見る人目黒007

見る人目黒008

見る人目黒009

見る人目黒010

見る人目黒011

スポンサーサイト

みどり惜しまず 武蔵国分寺<再建樹木派①-1>  

「樹木派」というのは高見順の詩集から勝手にいただいた名前ですが、何年かぶりに撮ってみる気になって「第二期樹木派」という意味で「再建」とつけた。人間は縦方向に動くよりも水平方向に移動することが多く、目も水平に二つ付いている。写真でいえば「横位置」がいわば自然なのである。しかし樹木というのは(雪の多い高山などをのぞいて)縦方向に伸びているので、「縦位置」になる場合が多い。それでも根元から幹、そして美しく張っている枝と葉のすべてを撮ろうとすると困難に直面する。昨今はパノラマモードというのがあってそれを応用する手もあるのかも知れないが。紅葉を前にした(今季)最後の緑を9月に見た。
※昔の写真家は意外と「縦位置」の写真が多いが、これは好みの問題もさることながら、雑誌などのグラビアページを持っていたからだろうと個人的に推測する。

再建樹木派001イチョウ
イチョウ

再建樹木派002アカマツ
アカマツ

再建樹木派003クロマツ
クロマツ

再建樹木派004ケヤキ?
ケヤキ?

再建樹木派005トウカエデ
トウカエデ

再建樹木派006ネズミモチ
ネズミモチ

再建樹木派007キンモクセイ
キンモクセイ

再建樹木派008サワラ
サワラ

再建樹木派009エゴノキ
エゴノキ

再建樹木派010エノキ
エノキ

再建樹木派011ムクノキ
ムクノキ

再建樹木派012ミズキ
ミズキ

再建樹木派013ヒムロ
ヒムロ

再建樹木派014不明
不明

再建樹木派015イイギリ
イイギリ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター