写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

あたたかな日ざしもとめて 南房総<或日或処⑥-2>  

毎年恒例となった冬の南房総サイクリング、今年はうまく予定が立たず直前の1/17晩に宿の予約を入れ、1/18早朝家を出た。あたたかい南房総とはいっても例年10時ぐらいまでは寒さをがまんの走りだが、今回はまったく寒くない?スギ花粉がもう舞っているのか、涙と鼻水に見舞われる。毎回海岸に沿った道を走るのだが、今回は少し迂回してさらに海側の小集落へと入ってみた~しかしはじめてだと思ったところが記憶があり、これまでに走ったことがあるところばかり、それでも久々の新鮮爽快!

南房総2017001
保田。アジを大中小と分けて桶に入れる。

南房総2017002
保田。セイゴ(小さめのスズキ)。

南房総2017003
鋸南。

南房総2017004
鋸南。若者がスズキを釣り上げ計測中(70センチ)。

南房総2017005
鋸南。網の整理作業。

南房総2017007
北条(館山湾、駅前の繁華街はさびれてこの海岸側にきれいな道路ができたが・・・)。

南房総2017006
勝山。ウミウ。

南房総2017008
小浦。ロウバイ。

南房総2017009
波左間。

南房総2017010
小浦。

南房総2017011
千倉。

南房総2017012
東京湾(海ほたるより、真ん中右寄りにランドマークタワーがかすんでいる)。



スポンサーサイト

京都仏像巡り 泉涌寺広隆寺東寺など<或日或処⑥-1>  

土日とか連休といった人の出るときは家か近所でひっそりしているのが通常ですが、今回はたまたま正月の7日からの3連休に会社の保養所が空いていて、かみさんと京都仏像巡りとなりました。国立博物館、泉涌寺、国立博物館、三十三間堂、広隆寺、六波羅密寺、東寺とまわりましたが、雨がちの天気のせいか市内は落ち着いた感じで、お寺も見学者が少なく広隆寺などは私たちだけでゆっくりと見ることができました。広隆寺の有名な弥勒菩薩は、その昔、京大生がその魅力に取り憑かれ頬ずりをしようとして指を折ってしまい逃亡した「大事件」がありました~そういうことはよく覚えているので調べてみると1960年8月で、わたしの大入院生活を終えた=退院したときで印象が強いのかも知れません。残念ながら、仏像はすべて撮影禁止ですので写っておりませんが。

京都仏像めぐり001
京都駅新幹線下

京都仏像めぐり002
泉涌寺手前

京都仏像めぐり003
泉涌寺

京都仏像めぐり004
広隆寺

京都仏像めぐり005
京都国立博物館、玉眼を内部から見る

京都仏像めぐり006
同、再度組み立てる

京都仏像めぐり007
太秦広隆寺駅

京都仏像めぐり008
仏光寺西洞院

京都仏像めぐり009
上記近く

京都仏像めぐり010
京都国立博物館

京都仏像めぐり011


京都仏像めぐり012
嵐山

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター