写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

茅ヶ崎公園自然生態園 横浜都筑<神奈川考②-7>  

「茅ヶ崎」といっても湘南のそれではなく横浜市都筑区の地名です、そこにある「自然生態園」は土日祭だけ開放していますが、きょうは連休、3つの催しが重なっていました。こども(といっても大人が半数)自然観察会、シュンラン(春蘭)の観察会、それと地元の大学生でしょうか若い人の勉強会?がありましたが、それぞれ人数も少なくのんびりとまわれました。シュンランはひっそりと、しかし蘭ですから艶やかなのですがまだ咲く一歩手前でした。スギ花粉も満開飛散状態でしたが・・・。


ガマズミ


フキノトウ


モミジイチゴ


アセビ


不明


キブシ




スポンサーサイト

ミモザしだれて 横浜都筑<神奈川考②-6>  

この花と出会ったのは、以前自転車仲間とバイエルンを走ったときでした。ドイツの田舎町には電柱のような上に円盤が付いていてコウノトリが巣を作ってヒナを育てていました。小さな町の銀行で円を両替するとき、年配の銀行員は1万円札なんて見たこともないようで、ためつすがめつ・引っ張ったりして点検していました、最後はインターネットで「照合」してユーロに替えてくれましたが。どこに行っても親切で、地図を見ているともっと良いコースがあると教えてくれます。それはそれは素晴らしく田舎っぽく、ニワトリが騒がしく小さな古ぼけた教会があったりします。ビールが旨い!・・・話がそれましたが、ミモザはいたるところに咲いていたのでヨーロッパの花だと思っていたらオーストラリア原産の花でした。オジギソウやアカシアの葉によく似た美しい葉をしています。






ここは横浜市営地下鉄仲町台駅の駅前です。5本ありますが、いちばん日当たりの良い木が見事に咲いています、順繰りに咲いていくのでしょうか、また行ってみましょう。

春三写 横浜都筑<神奈川考②-5>  

仕事の都合で都筑区からなかなか出られません、それで家の周辺を歩いていますが今年は春の到来が早く感じられます、毎日暖かいからでしょうか。モクレンもトサミズキももう少しで咲くところです(昨日3/8撮影)。昨日、撮影中に声をかけてくれた地元のお年寄り(男性)と話し込んでいたら、中央公園は(むかし山だったころは)第六天様というこわい神様がいて、勝手に雑木や産物をとっていくとたたりがあるということでした・・・地元農家共有の山(入会)だったということなのでしょう、節度を保って生活する知恵であったわけです。中学校は?「山内中学校まで1時間以上歩いて」、たまプラーザの中学校ですよ、昔は珍しいことではなかったと思いますが・・・。


ハクモクレン


トサミズキ


シダ(ワラビ?)
明日の大腸内視鏡検査にそなえて、今日は朝から「検査食(ダルムスペース)」を食べています。朝と昼がレトルトのおかゆ、夜がコーンポタージュ(レトルト)、間食にココア味のクッキーが2袋と粉末ジュースが2袋です。あと水、お茶のみ許可されています。もう何回か経験しているので読書に明け暮れることにしましたが、読書に「力が入らない」状態、読書もまた一種の力仕事であることに気づかされています。ねこやなぎ(カワヤナギ)は、昨日(3/3)突然の雨のあとに撮りました。







横浜如月 都筑<神奈川考②-3>  

二月は短い、あしたから三月です。ことしの二月は日本海側とりわけ鳥取方面で大雪でしたが、横浜あたりは暖かな冬でした。毎日あつくなって、上着を脱いで持てあましていました。横浜の冬というよりも、もう春ですね。

横浜如月001
コサギ

横浜如月002
お昼ごはん

横浜如月003
桜中メジロ

横浜如月004
桜花

横浜如月005
ミモザ

横浜如月006
工業団地倉庫

横浜如月007
かみかくし(地名)やや北

横浜如月008
泥さらい(かいぼり)中

横浜如月009
なにかな?1

横浜如月009-2
なにかな?2

横浜如月010
おたまじゃくし

春待つ花と咲く花と 平沼橋<神奈川考②-2>  

横浜駅近くの平沼橋に「イングリッシュガーデン」があるので車で行った。第三京浜(片道190円)三沢経由で行くと30分ぐらいで行ける(ハズだったが)。鉄道と運河と古い町並みとで、近くまで行けるのに行き止まり、運河の向こうとか苦労してたどり着く。このガーデンはバラをメインにしてるようでこの時季、花は少なくまだ寂しい。それでもいろいろな花が咲いていて、蕾もふくらみ芽を出している。ただ残念だったのは、バラ開花期の準備ということもあるのだろうが石灰が撒かれ、美しい葉も白い粉がまぶされて台無しだった。またバラの時季に来てみよう。

イングリッシュガーデン001
横浜平沼橋イングリッシュガーデン

イングリッシュガーデン002
クリスマスローズ

イングリッシュガーデン003
福寿草

イングリッシュガーデン004
不明

イングリッシュガーデン005
クリスマスローズ

イングリッシュガーデン006
ヒナギク栽培種デージー

イングリッシュガーデン007
ウメ

イングリッシュガーデン008
スミレ園芸種ビオラ

イングリッシュガーデン009
ミツマタ

イングリッシュガーデン010
不明

イングリッシュガーデン011
スノードロップ

イングリッシュガーデン012
チューリップ

イングリッシュガーデン013
スミレ園芸種ビオラ

イングリッシュガーデン014
不明

あなた知ってる港よこはま 伊勢佐木町<神奈川考②-1>  

伊勢佐木町は学生時代にたまに行っていました。といっても「伊勢佐木町ブルース」の夜の街ではなく、有隣堂本店と古書店が目当てでした。関内からの通りはまっすぐ伊勢佐木町1丁目から7丁目までが繁華街、そのまま南吉田町へいくと住宅街になって大岡川にかかる山王橋をわたり佐藤病院まで、このあたりにはカモメが舞っているのも横浜らしい。しかし、有隣堂本店は客もまばらで書店員もすっかり少なくなり向かいの松坂屋が撤退して寂しい。かつては不況になるとこの辺まで失業者があぶれてきていたものですが、いまは高齢化してあまりみかけません、ぎゃくにアジア系の人たちが多くなって町並みもずいぶん変わりました。

伊勢佐木町吉田町001

伊勢佐木町吉田町002

伊勢佐木町吉田町003

伊勢佐木町吉田町004
欠けた豆や虫食いの豆をより分けていました「(手先を動かして)老化防止だよ」。わが家近くの「まめや」も系列の店だそうです。

伊勢佐木町吉田町005

伊勢佐木町吉田町005-2

伊勢佐木町吉田町006

伊勢佐木町吉田町007
そういえば岡本岡村喬生(オペラ歌手)は元気だろうか?

伊勢佐木町吉田町008

伊勢佐木町吉田町009

伊勢佐木町吉田町010

伊勢佐木町吉田町011

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター