写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

充電式日録6/28  

「横浜事件」を勉強していて「おや?」と思ったのは、特高が「中央公論」と「改造」の「読者カード」を押収していったというところだ。これで特高なりに「思想傾向」を判断して、何人かをさらに逮捕したのだろうが、現代わたしなどはネットでA社、K社からほとんどの本は購入しているのだから、その履歴を手に入れれば…といっても元々がねつ造だからどんな根拠でもいいのだが。先日、滋賀の殺人事件容疑者の写真を新聞社2社が警察に提供したことが小さな記事になった。しかし、ケータイの世界ではこんなのは「八百長相撲界」を見るまでもなく、全面協力だ。もっと怖いなぁと思っているのは、山形から出てきた男が目黒の屋敷に入り強盗殺人を犯した「ゆきずり強盗」で逮捕は困難かと思っていたら、防犯・監視カメラで追いかけて割り出した。いまや、いたるところ高性能防犯カメラ時代だ。

P1060848★r
富津公園。観音崎と富津岬は黒船来航いらい東京湾の要衝として、巨大な大砲が据え付けられていた。しかし現代戦争では役に立たなくなり、砲台は大正に廃止、「陸軍技術研究所富津試験場」となった。砲台跡。

P1060862★r
「試験場」では射程距離20キロの大砲の試射のほか、小銃、機関銃のテストも行われた。コンクリートの隙間から小銃を撃ったのだろう。

P1060864★r
小銃弾、機関銃弾を撃ち込む「射入窖(しゃにゅうこう?)」。手前が空いて奥が塞がっているコンクリートの筒、銃器の性能を確かめた。

P1060900★r
警戒哨、トーチカみたいなもの。

P1060910★r
その内部。

P1060948★r
火薬庫と砲台をつないだ階段だろうか、複雑な造りだ。

P1060954★r
火薬庫跡。しかし現在の公園には、こうした戦争遺跡の案内がまったくない、あきれたものだ。

P1060975★r
対岸。
スポンサーサイト

充電式日録6/22  

四谷から戸山、百人町、新宿へと歩いた。すべてのものが前日の雨にぬれていて、新鮮に見える。翌日は、車で函南に行って撮影したが、帰りは濃霧で前方がほとんど見えない。知らない道ではないので無事、御殿場インターに出られたが、これほどの濃霧は30年前の同じ箱根であって以来だ。

P1010720★
旧四谷第4小学校。

P1010775★
戸山公園の人骨発掘現場はもう埋め戻されている、結果はいったいどうなっているのだろうか?

P1010789★
西戸山公園横の不思議な窪地?

P1010840★改
新大久保。

P1010916★
函南。

P1060724★
函南。

充電式日録6/16  

池袋駅からサンシャインに歩き、巣鴨プリズン跡地から靖国神社へ出た。靖国はこどものころの遊び場であったので、幕末の大砲があって跨って遊んだこともあったが、北側にはそれ以外あまりなかったように思う。いまは、よく見ると、ところ狭しと「慰霊碑」や「記念植樹」がある。

P1060542★r
ギフォーズ下院議員退院。

P1060544★
池袋、地下道。

P1060563★r
巣鴨プリズン跡地(部分)。


靖国神社。幕末に伊豆下田に停泊中のロシア軍艦「ディアナ号」が大地震と津波により座礁し、幕府の救援のお礼として置いていった大砲。

P1060613★
靖国神社。「第一鳥居」再建復元記念し奉献(昭和49年)。

P1060632★
靖国神社。「戦跡の石」激戦地(南方、沖縄)の持ち帰った石、説明はない。

充電式日録6/11  

写真家の川田喜久治先生はわたしの尊敬する写真家の一人ですが、先生だった当時(60年代後半)、神保町の古本屋街にいくと軒並み古書店の店頭に写真集『地図』が1,000円で投げ売りされていました。それを開くと、怖ろしい戦争と原爆のハイコントラストの写真が、いかにも製本屋泣かせの構成で作られ、これも驚いたものでした。
田町の額装屋「PGI」の2階は小さなギャラリーですが、よく川田先生の新作を展示するので行きます。今回は、「Nikko-A Parable」日光の寓話でしょうが「A」は、「B」「C」と続いていく意味なのでしょうか?ますます怖ろしい世界に引き込まれそうな写真になっていきます。6/25まで。


P1010592★
田町、梅雨。

P1010605★
田町から品川へ。

P1010624★
田町から品川へ。

P1010633★
田町から品川へ、クズ。

P1010653★
芝浦。

充電式日録6/7  

これは昨日撮影の写真なので本当は6/6なのですが、PCが調子悪くヒューレット・パッカードともめているうちに一日たってしまいました、疲れた。
6/6赤い自転車QUARK号に乗って、鶴見川から忠生(昔、中学生が荒れたところ、古い!)から町田市内の喫茶店でお茶。久しぶりに境川サイドを走りました。半月もたつと植物はすっかり夏草の趣きですが、まだ汗はそんなにかかないので真夏とは異なり風がさわやかです。瀬谷からの下りを時速55キロで、車と競争して中山の田んぼに出ると、田植えの真っ盛りでした~富山とくらべるとずいぶん遅い田植えです。放電のみ。


鴨志田。


鴨志田。


三輪、廃田。


三輪、公園。


町田、境川護岸工事。


中山。


中山、畑?

充電式日録6/5  

長女が「父の日プレゼント」をくれるというので、銀座に出る。
電車のなかで小出裕章『原発のウソ』(扶桑社新書)を読了。ほぼ同い年ということは、40年間、反原発の主張と研究を積み重ねてきた人だ。いまFUKUSHIMAの不幸のなかで漸く発言する機会を得たというのは、日本国民にとっては遅すぎた。いや、まだ間に合うのかも知れないが、今朝の朝刊で、<「国家戦略室」の「素案」では「重要戦略の一つに原子力を明記」「推進路線堅持する姿勢を示す」「発送電分離の記述はない」>(朝日新聞本日朝刊4面より)。要は「より安全な原発を」の方向にこの国はさらに進もうということだ。石棺がまだまだできるということか。



江田。交通事故現場。


銀座。


銀座。(この店は広尾にもあったな)


銀座。

P1010548★r
銀座。


銀座中央通り。

充電式日録5/30  

2011年5月30日、静岡県の丹那断層へ行く。ここは1930年11月に起きたM7.3の「北伊豆地震」の震源となった活断層(8キロ)の露頭で「国指定天然記念物」として保存公園になっている。その後の調査で、過去6000~7000年の間に9回動いていることが判明した。1930年の地震では、南北に2~3メートルずれ、折しも直下に建設中の丹那トンネルをもずらしたという。

P1010499★
近くの麦畑。

P1010512★r
ゴミ捨て場の石囲いの、写真左上が、写真下の右手につながっていた。上下にはほとんど動かず、左右(南北)に2.5メートル動いた。直上の家は大破した。

P1010515★
調査で掘削し、地下の断層部が見られる。

P1010530★
ここは「丹那盆地」の南端になる。

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター