写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤⑥⑦』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

充電式日録9/26  

押上の駅を出ると、目の前にそびえ立っている「東京スカイツリー」。こんなものは撮るものかと日頃思っていたものの、「ツリー」だけが雲に隠れているとなると撮りたくなってしまった。
きょうの目的は、三井グループの神社「三囲(みめぐり)神社」と、隅田川を渡って浅草の「棗寺(なつめでら)」だが、前半を紹介して、撮影都合のためしばし休業とさせていただきます。再開は、不確定要素が多いのですが、11月下旬には、と考えていますのでまたよろしくお願いします。※棗寺では、住職からお父さん=前住職の話を聞かせていただきました。戦時中に日中の仏教者の交流のために危険を冒して中国に渡ったこと、戦後は秋田の「花岡事件」被害中国人の遺骨をバラックの寺に一時安置して中国に送還したこと、そのために警察につけ回されたが「日本人として当然のことをやっているのだ、恥ずかしくないのか!」と警官を一喝したのを昨日のように思い出す、と。


P1020972★
東京スカイツリー。

P1030008★
押上。「飛木稲荷」。

P1030025★
向島、「秋葉神社」。狛犬は二頭とも戦災でやられたと思われる悲惨な姿だ(神社の人に聞くと「大震災か戦災か分からないが」という話だったが、建立は昭和なので「東京大空襲」であろう)。この辺は大震災と戦災の慰霊碑などが入り交じっている。

P1030034★
向島。「隅田公園少年野球場」(通称「王さん球場」)、左の門柱にあるように王さんが子供時代に練習した野球場で、マンガでは荒川(のちの巨人軍コーチ)がネット越しにその素質を見い出したことになっている。小さい球場なので、いまは小学校低学年が主に使っているようだ。この日は、係員がていねいにグラウンド整備をしていた。

P1030055★
向島。「三囲神社」、池袋店から移した「三越ライオン像」。

P1030060★
「三囲神社」。これは「三柱(みはしら)鳥居」と言うんだそうです、下は井戸で「三井」の意でしょうか?

P1030069★
「三囲神社」、「包丁塚」。向島というと家内小工場が集中していて、その途切れたところに料亭がいっぱいあるので包丁なのか。この神社は狭いが、さすがは三井家の神社だけあって「てんこ盛り」だ。

P1030074★
「三囲神社」の「其角句碑」。江戸初期の干ばつのため其角が雨乞いの句を詠んだ、「遊ふた地や田を見めぐりの神ならば」。
スポンサーサイト

充電式日録9/19  

1945年5月29日、朝から横浜をB29が襲った、「横浜大空襲」だ。
66年を経過すると、あたかも何もなかったがごとく町はひっそりとしているが、ゆっくり歩いて想像力を働かせてみると少しずつだが戦争の爪痕が浮かび上がってくる。今回は黄金町から三春台方向に登ってみた。
なお、黄金町というとかつては妖しい一帯であったが、2005年から若いアーティストを中心とした「町の再生」活動の結果、芸術と庶民の町に変わりつつある。こちら側もたんねんに歩いてみたい。


 ①
黄金町駅では、住民、電車の利用客が駅舎に逃げたが集中的な被害を受けた。駅前の現・タイムズ駐車場に遺体が積まれ 応急的に荼毘にふされた。駐車場の一角にも慰霊のお地蔵様がつくられたが、こちらは近くの普門院の地蔵。

②
赤門町。

③
町名の由来となった東福寺。この辺一帯も惨状をきわめた。向かいの当時3歳だった婦人の話だと、右手に防空壕があり、中の湧水で顔を洗ったこと、壕を出てみると路上に黒いもの(遺体)がいっぱいごろごろしていたことを忘れられないという。この山門も焼け、戦後再建された。

④
東福寺塀の石垣の焼け跡。

⑤
赤門手前に残る「皇紀2600年記念国旗掲揚塔」。

⑥
避難してきた人々が被災した東(あずま)小学校校庭下の水道メーター室。

⑦
霞ヶ丘自治会会館横の石垣にも防空壕があり、火炎により多くの方々が亡くなられた。慰霊碑と、観音様がある。

⑧
この辺は石垣の町だ。

⑨
霞橋の上下ともが、三春台方向からの避難者と黄金町、霞ヶ丘方向からの避難者とがぶつかり、混乱をきわめる中被爆し多くの方々が亡くなられました。

⑩
霞橋上。ここから久保山に向かった。

充電式日録9/12  

厚木の奥に七沢というところがある。温泉が湧き「神奈川リハビリテーション病院」があるので有名かな?その隣に「神奈川県自然環境保全センター」があり、「花粉の飛散しない杉」の育成とか、酸性雨や鹿が増えすぎて樹皮を食べられ森が枯れ始めている丹沢の再生など、広範囲に研究しているところだ。その谷戸を利用した森が一般にも開放されているので、たまに行く、もう10倍ぐらい広くても良いとは思うけれど。
毎日、暑い暑い…と思っているうちに、植物たちは確実に秋の装いをはじめている。


P1080334★p

P1080342★p

P1080370★p

P1080371★p

P1080378★p

P1080381★p

P1080392★p

P1080395★p

P1080400★p

P1080407★p
イイギリ。実はもうすぐ真っ赤に染まり、少しずつ落ちてくる。

P1080416★p
アメリカデイゴ。

P1080421★p
「持ち帰り自由」と置いてあった。

充電式日録9/5  

むかし沖縄戦を体験した女性から聞いた話だが、校庭の的に向かって手榴弾投擲(とうてき)の訓練をさんざんやらされた、その的がどこの小学校にもいまだに残っているのが残念だ、と。その「的」は何と言うのだろうと調べたら、単刀直入に「投擲板」だった。現在では、沖縄をのぞいて「手榴弾投擲訓練用」とは考えられていないし、サッカーが盛んなのでサッカーボールを蹴り込むこともあるようだ。模様も多彩になっている、が。
いずれも我が家周辺で撮影。


P1020635★r

P1020637★r

P1020639★r

P1020641★r

P1020643★r

P1020650★r

P1020652★rのコピー

「太平洋戦争写真館」より。女学生の手榴弾投擲訓練。
女学生投擲

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター