写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤⑥⑦』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

分水界 町田歳末<田園の憂鬱③-19>  

町田は、毎週自転車で行く手ごろな距離と大きさと、ちょっと田舎っぽい匂いのする好きな街。きょう12/27は御用納め、とはいえ休日なしの店が増えて年末年始の休暇もなしに働く人も多いのだけれど、歳末特有の活気がジワジワと街にあふれてきた。そうだ、町田市街、町田街道、戦車道こそ分水界だった、ここから相模原~厚木へと広い台地が続き丹沢山塊へといたる。

町田歳末001

町田歳末002

11582980916_3d56880b3c_z[1]

町田歳末005

町田歳末006

町田歳末007

町田歳末008

町田歳末010

町田歳末011

町田歳末012

町田歳末013

町田歳末014

町田歳末015

町田歳末016

町田歳末017

町田歳末018

町田歳末019
スポンサーサイト

分水界 川崎黒川<田園の憂鬱③-18>  

川崎は、重化学工場地帯・京浜工業地帯から大師、川崎駅周辺の下町的な賑やかさばかりが川崎ではない。多摩川に沿って細長く、かつては梨の産地でもあった農業地帯までひろがっている。分水界となっている尾根には、わたしが横浜に越してきた30年前まで柿生小学校黒川分校があり、田舎道を柿生に下っていくと炭焼窯があった。分水界を越えて多摩川水域に降りると、黒川上の「農業振興地域」がある。地物を中心に扱うマーケットでは、新鮮な野菜を求めて客でにぎわう。新しい農業の形ができていくのか、市街化の波に飲み込まれてしまうのか?「平成狸合戦」のタヌキも応援している地でもある。

黒川001

黒川002

黒川003

黒川004

黒川005

黒川006

黒川007

黒川008

黒川009

黒川010

黒川011

黒川012

黒川013

黒川014

黒川015

黒川016
水力発電所、1350軒分を発電。

黒川017

黒川018

黒川020

黒川021

分水界 横浜町田IC<田園の憂鬱③-17>  

鶴見川という、町田の奥から流れだし横浜・川崎そして横浜の鶴見へとわずか43キロを流れる一級河川の最終章となるのか?海抜せいぜい100メートル程度の市街化河川なので「分水嶺」というものはないが、分水界は存在する。その分水界も、首都圏の拡大とともに畑・雑木林から工場・住宅地へと変貌しながら、あいまいな区切りとなりつつある・・・それでも水はどちらかに流れる、東名の横浜町田IC横。

鶴間001

鶴間002

鶴間003

鶴間004

鶴間005

鶴間006

鶴間007

鶴間008

鶴間009

鶴間010

鶴間011

鶴間012

鶴間013

鶴間014

鶴間015

夜へ 自由が丘<東京TOKYO②-2>  

昨日12/6、自由が丘で高校の仲間で作っている「音楽部」の反省会(という名の飲み会)があった。ぼくは歌いも演奏もしないし手伝わない「一聴衆」会員なのだが、参加率も悪く…しかしこういう純粋な飲み会となると(たまたまなんだけど)都合がよくなる。自由が丘は、昔からおしゃれで賑やかな街だったが、巷や夜の世界での「冒険」をのぞむ人には物足りない清潔な街だ。歩いてみると意外と小さく、すぐに高級な住宅街になる、そんな小ささも魅力の一つかもしれない。東横線に沿ったアメ横風のアーケードだけが、わずかに戦後の「マーケット」の面影を残している。もうひとつ意外だったのはこどもが多いことだった、これは今では稀な地域といえる。

自由001

自由002

自由003

自由004

自由005

自由006

自由007

自由008

自由009

自由010

自由011

自由012

自由013

自由014

自由015

自由016

自由017

自由018

自由019

自由020

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター