写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤⑥⑦』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

花散歩 新吉田<田園の憂鬱④-7>  

一駅ぐらい南にいくとミモザが咲いているはずだと思って、第三京浜都筑インターの周辺をうろついた。丘陵の上はまだかろうじて畑になっているが、谷戸は鉄工所や自動車の関連工場といった小規模の工場がうわっとあって、そこも住宅にとって代わられつつある。ミモザを探しながら、花々といってもしごくポピュラーな花だが写した・・・丘陵とその裾野は意外と複雑になっていて結局ミモザの木は見つからず、ここの古い地名の「神隠し」にあった感じ。

花新吉田001

花新吉田003

花新吉田002

花新吉田004

花新吉田005

花新吉田006

花新吉田007

花新吉田008

花新吉田009

花新吉田010

スポンサーサイト

鎌倉古道2 御殿峠<田園の憂鬱④-6>  

町田街道と横浜線が相原で交差する踏切手前(町田寄り)の「青木家住宅」(豪農、自由民権運動の中心ともなった、適塾-緒方洪庵に学んだ医家であり現在も内科・小児科)横から暫くのどかな小道を歩く。谷戸をいくと突然朽木が「通せんぼ」、潜ったり跨いだりしているうちに朽木と篠竹にはばまれて身動きとれず尾根に登ると、今度は「京王電鉄敷地立入り禁止」のフェンス。藪こぎしながらまた谷戸に下りて、古道らしい?ところに出る、藪こぎ、藪こぎ…と、そこは国道16号、御殿峠が無残にも切り刻まれた産業道路だった。古道は明治期には、八王子に集積した絹を横浜へ運び外貨を稼いだ「絹の道」でもあった。

御殿峠001

御殿峠002

御殿峠003

御殿峠004

御殿峠005

御殿峠006

御殿峠007

御殿峠008

御殿峠009

御殿峠010

御殿峠011

となり町 赤坂<東京TOKYO②-6>  

港区のひとり当りの収入は、都内最下位の足立区の倍だそうだ。その港区の北が赤坂、ぼくの育った四谷の「となり町」になるがガラっと雰囲気が変わる。そのとなり町まで行くのに地下鉄一駅分なのだが、家は一軒もない。三角広場から迎賓館(元国会図書館)の塀に沿って、続いて東宮御所の塀に沿って、前田山の前田病院ぐらいがあるが住居という感じではないし…そのまま赤坂見附駅の階段を下りる。町も、料亭や高級クラブやら脂ぎった生臭い世界の舞台という雰囲気が濃厚だった。現在はというと、夜の世界を歩いてみないと何とも言えないが、ビジネス街という感じでリーズナブルな店が多くなり下町的ではないけれど気安く歩けるところとなった、かな?

赤坂001

赤坂002

赤坂003

赤坂004

赤坂005

赤坂006

赤坂007

赤坂008

赤坂009

赤坂010

赤坂012

赤坂013

赤坂014

赤坂015


鎌倉古道 七国峠<田園の憂鬱④-5>  

鎌倉街道というのは元々が鎌倉を中心に放射状につくられた道なので、関東を歩いているとおやっと思うところで出くわすが、いまや歩道もないせまい車道であったりする。町田市の最深部「相原」に鎌倉古道がのこっているというので出向いたら大雪が残っていて入れず、今回あらためて行ってみた。なんとちょうど一ヶ月前の雪がまだまだ残っている。両側からベッドタウン化の波がもうそこまで押し寄せているから、事実八王子側は住宅都市整備公団の所有地になっていたから、箱庭程度にものこされればましだろう。

七国001

七国002

七国003

七国004

七国005

七国006

七国007

七国008

七国009

七国010

七国011

七国012

七国013

七国014

南へ海へ 房総<或日或処③-12>  

寒い寒いと言っていても3月、房総はあたたかく花粉も分厚く舞っているけれど南国。今年も自転車でひと回り、風が強く波が荒く、相変わらず道路は狭く車は飛ばすけれど海が迎えてくれる。

南へ001

南へ002

南へ003

南へ004

南へ005

南へ006

南へ007

南へ008

南へ009

南へ010

南へ011

南へ012

南へ013

南へ014

南へ015

南へ016

南へ017

開高健記念館 茅ヶ崎<或日或処③-11>  

大雪のおかげで腰痛が再々々・・・発して寝込んで目が老いてkindleが疲れないからでも日本文学ソフト貧弱で検索も50音になっていなくてたまたまあのぶよっとした釣りとグルメとヴェトナムの開高健と出会った釣りとグルメは理解不能だが共感できること多く茅ヶ崎の記念館を訪れたビデオの氏はわたしは繊細なところもあるが図太いところもあってと話しヴェトナムではその両極を行ったり来たりするのだが元体操選手で引き締まった肉体で徒手体操をやっている写真をみたかったのだがきょう2/28は初夏の日差しが迎えてくれた。

開高健001

開高健002

開高健003

開高健004

開高健005

開高健006

開高健007

開高健008

開高健009

開高健010

開高健011

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター