写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

冬の光 九段下<或日或処④-2>  

真夏にあれだけ光を降りそそがれてもなお足らない、冬の光の恋しさ・・・。

冬の光001

冬の光002

冬の光003

冬の光004

冬の光005

冬の光006

冬の光007
スポンサーサイト

製作中 鉄町<田園の憂鬱 番外>  

昨日(12/22)、鉄町(くろがねちょう)の竹(細工)屋さんをのぞくと、松飾りを製作中でした。ここは農家用の籠とか器具を製作・販売している大きな竹屋さんです。


師走 自由が丘へ<東京TOKYO②-17>  

今年もあと2週間~もないか?街は不景気ながらもクリスマスと新年の準備、とは言いながらぼくは25日が人間ドック!? 昨晩は恒例の音楽部忘年会へ、大岡山から自由が丘まで歩いてみた。大岡山は大学があるからまだしも、真ん中の「緑が丘」って何にもないというか駅前から閑静な住宅街、写真愛好家泣かせのたたずまい。急に冷えてきた…師走。

師走001

師走002

師走003

師走004

師走005

師走006

師走007

師走008

師走009

師走010

師走011

師走012

たき火日和 小野路<東京TOKYO②-16>  

そろそろ葉も落ちたころだろうから、目当てのヤドリギを見に小野路へ。う~ん、あっちでもこっちでもたき火ですか・・・そんな季節になりました。もみ殻を燃やしているのは「燻炭くんたん」といってもみ殻を炭にする製法です、先人の知恵ですね。下の女性は、一年の後片付けだそうですが、天気が下り坂でよく燃えないとこぼしていました。

たき火小野路001

たき火小野路002

たき火小野路003

たき火小野路004

たき火小野路005

たき火小野路006

たき火小野路008

たき火小野路009

万松寺の裏手で10人ぐらいを案内している人が、誰だったかな?『鎌倉街道伝説』の宮田太郎さんでした、お寺の裏の道も「万松寺道」という古道だったそうです。

たき火小野路010

たき火小野路011

石川町への小さな旅<アジア太平洋戦争④-9>  

五浦(いづら)に風船爆弾の発射場が残るというので、冬にならないうちに行こうと考えていた。地図を見ているうちに、福島の南部にある石川町が近いか?迷う距離にある。石川町には戦争末期に、仁科博士と理研(陸軍の「委託」)がウランを抽出し原爆を製造するための工場があった、寒気はまだこないのでそこまで足を伸ばすことにした(鹿島の「たたら」と「桜花」、水戸の空襲跡地はなにもなくコインパーキングに侵食されていた、日立の町と模擬原爆投下地点、五浦へ~震洋の基地跡と風船爆弾発射基地跡、石川町のペグマタイトと理研工場跡、最後は勿来へ)。

石川町へ001

石川町へ002

石川町へ004

石川町へ005

石川町へ006

石川町へ007

石川町へ008

石川町へ009

石川町へ010

石川町へ011

石川町へ012

石川町へ013

石川町へ014

石川町へ015

石川町へ016

石川町へ017

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター