写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

新緑浴日和 小石川植物園<東京TOKYO③-6>  

祝日で天気も良い昨日、フジ・ツツジ・アヤメ・オオアマナなどいずれも咲きすぎていた小石川植物園でも、人びとは美しい新緑を楽しみながらすごしている。カメラ片手に無粋なおとこがひとり・・・浮いているなぁ。

新緑浴びより001

新緑浴びより002

新緑浴びより003

新緑浴びより005

新緑浴びより006

新緑浴びより007

新緑浴びより008

新緑浴びより009

新緑浴びより010

新緑浴びより011

新緑浴びより012

スポンサーサイト

カラー咲く 横浜青葉区<田園の憂鬱⑤-11>  

Callaカラーといえば、R. Mapplethorpeの「Flowers」であまりにも有名になった花、サトイモ科だそうです。青葉区の奥行き30~50センチ程度の狭い空き地に、近所の女性の丹精こめた手入れで毎年咲いている。ずっと昔は沢だったであろう地形に今年も咲きだしました(最初の2点)、一昨年、昨年に撮影したものも合わせて掲載させていただきました。メイプルソープがなぜこの花に惹かれたのか、撮影していると少しだけ分かります。
















都県境その3 雨降(あめふらし)まで<東京TOKYO③-5>  

都県境といえば境川は外せない、武蔵の国と相模の国との文字通り境となった川で、現在も東京都(町田市部分)と神奈川県を狭い川の中央部で区切っている。相原から法政大学入口をすぎて町田街道を外れると雨降(あめふらし、旧地名)の村に入る。この日は午後から雨で15時から本降りの予想、雨降に入ると何となく雨の気配がする。沢を登ると二輪草が咲き乱れ、フキを採っている方と話すとこの沢の上は城山湖まで続いているが歩く人がいないので荒れているよと、確かに道は倒木にふさがれていた。今回はここまで、と引き返すと雨が降り始めた。

雨降へ001
「祝う開校140周年」相原小学校

雨降へ002

雨降へ003
古い酒屋のおかみさん、これから鳥をよんでくれる(ところへお客さん)

雨降へ004

雨降へ005

雨降へ007

雨降へ008

雨降へ009

雨降へ010

雨降へ012

雨降へ013

雨降へ014

雨降へ015

雨降へ016

雨降へ017

雨降へ018

雨降へ019
茶畑もあるね

雨降へ020

都県境その2 水元公園<東京TOKYO③-4>  

釣り人について語る資格はないので一人孤独に釣糸をたれる人が何を考えているのか見当もつかないが、外見とは異なり彼ら彼女らの頭脳世界はめまぐるしく駆け廻っているようにも思う。なぜかというと、わが自転車クラブにも釣り師が何人かいて、普段口数の少ない人がこと釣りの話となると喧々諤々と釣り論をたたかわせるのだ・・・ぼくは布団をかぶって寝るのみ。菜種梅雨のなか、先週の日曜日は晴れ、東京と埼玉・千葉の三都県が江戸川で交わる水元公園。

水元公園001

水元公園002

水元公園003

水元公園004

水元公園005

水元公園006

水元公園007

水元公園008

水元公園009

水元公園010

水元公園011

水元公園012

濃霧はれて 函南<或日或処④-6>  

きょう(4/3)は強風で満開の桜も散り始めているが、昨日はおだやかな天気の予報だった。が、芦ノ湖から箱根峠に登るにしたがって霧が濃くなり、センターラインと路肩側のラインが辛うじて見えるだけで濃霧から対向車が突然現れる。「函南原生林」に着くと濃霧もやや晴れてきたが、わずかに雨が降っている。熱海の西北の尾根、海抜700mのところは下界とは春の訪れがだいぶ異なって、花はミツマタとスミレがわずかに咲いていた。三島市の水源地として大切に管理されている「原生林」だ。

函南原生林001
入り口

函南原生林002
ブナとヒメシャラ

函南原生林003
倒木

函南原生林004
ミツマタが満開

函南原生林005


函南原生林006

函南原生林007
バイケイソウ

函南原生林008

函南原生林009

函南原生林010
スミレ

函南原生林011

函南原生林012

函南原生林013
アブラチャンが多い

函南原生林014
ブナ。ここには10年前まで樹齢700年のブナの巨木が生えていたが、1988年に「日本一のブナ」と認定され訪れる人が増えるにしたがい樹勢が衰え根元からくずおれた

ミツマタの春<或日或処⑤-3>へ戻る

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター