写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

流されて 八丈島<アジア太平洋戦争④-13>  

1878年(明治11年)から東京府に属した伊豆諸島の南(さらに50キロ先に青ヶ島)、東京から290キロの亜熱帯に八丈島がある。サイパン、硫黄島の真北に位置するため1944年から2万人の陸海軍を増強し本土決戦のための「要塞化」をはかった。三原山(東山)中央からやや西側鉄壁山と八丈富士(西山)東南の神止山に長大な陣地壕を築いた。特攻艇「震洋」「回天」の基地もつくられたが、幸い地上戦闘は免れた(疎開船東光丸が沈められ149名が亡くなっている)。現在は、漁業と花卉・観葉植物と観光を中心におよそ8千人の人々が暮らしている。

八丈島001
回天基地のあった底土。

八丈島002
回天の壕がのこる。

八丈島005
オオタニワタリ

八丈島006
八丈富士から見た三原山、真ん中よりやや右手中腹に鉄壁山陣地壕がのこる(市街をはさんで三原山の左手前の側火山が神止山かんどやま、ここにも陣地壕が築かれた)。

八丈島007
八丈富士火口にたどり着くと霧と強風で「お鉢めぐり」はあきらめた。

八丈島008
風!

八丈島009

八丈島011

八丈島012
震洋基地があった末吉。

八丈島013
大坂トンネル脇の砲台あと。

八丈島014
フェニックス・ロベレニーは島の産業を支えている(この葉で花を包む、花屋さんの必需品)。

八丈島015
神止山の下。

八丈島015-2
周囲60キロの小さな島だが、車がないと身動きとれない。

八丈島016
地熱発電所。

八丈島017

八丈島018

八丈島019
黒い溶岩だらけ、島には砂浜はない、八重根港。

八丈島020
路傍には為朝ユリが。

八丈島021

八丈島022

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
今回の推薦本は圧倒的にこれです!たかまつやよい『流されて八丈島』(ぶんか社 BUNKASHA COMICS)行く前に読んでも、行ってから読んでも面白い、八丈島の現状が如実に分かりすぎる!4巻出ています、第1弾(という表示はありませんが)『マンガ家、島にゆく~』、第2弾『おたくマンガ家のテンパリ島生活』、第3弾『マンガ家、島にゆく 5年め』、第4弾がこれ『おひとり島ぐらし 7年め』です! 
17927799570_f055f00568_n[1]
スポンサーサイト

善男善女 善光寺界隈<或日或処④-7>  

長野旅行のついでとは罰当りですが、7年に1度の善光寺御開帳にあたり善男善女で混み合っているであろうと思って行ってみたが、表参道の店はpm7時だというのにほとんどは閉まっていた。帰りのタクシー運転手氏は怒って「地元の私が言うのもなんですが、御開帳で回向柱(ご本尊と紐でつながっている)のライトアップが9時までというのに商店は、早いところは4時で閉めてしまう。こんなことだから金沢に客を奪われて・・・!!!」そうですよね、しかし7年に1度というのはビミョー!?次の御開帳まで大丈夫かな?というので、家族の健康を祈って柱を両手で撫ぜてきました。

善光寺御開帳001

善光寺御開帳002

善光寺御開帳003

善光寺御開帳004

善光寺御開帳005

善光寺御開帳006

善光寺御開帳007

善光寺御開帳008

善光寺御開帳009

善光寺御開帳010

善光寺御開帳011

善光寺御開帳012

畔塗り田起し 寺家~三輪<田園の憂鬱⑤-13>  

ここは横浜市青葉区の「寺家ふるさと村」、地元の農業者といっても現在は都内横浜川崎で働く人が多いのですが、畔つくりと田起しの真っ最中でした。なかには機械も使わずクワ一本で作業している人もいました、狭い田んぼだから可能なのですが撮影しているわたしに「会員募集中だよ!」と声を掛けてくれました。切通しを越えると三輪(町田市)に入ります。梅雨に入ると一帯の緑はより美しくなります。

寺家田起し001

寺家田起し002

寺家田起し003

寺家田起し004

寺家田起し005

寺家田起し006

寺家田起し007

寺家田起し008

寺家田起し009

寺家田起し010

続・カラー咲く 横浜青葉区<田園の憂鬱⑤-12>  

まだツボミも少しは残っているが、そろそろ今年さいごのカラーが咲いている。今年は花の多さにおどろいている、理由は分からないけれど限られた土地に惜し気もなく咲くカラー。












Greenish Children's Day 茅ヶ崎(横浜)<田園の憂鬱⑤-12>  

ことしのGWは暑い!それでも真夏とはちがって湿気はあまりないので快適のうち、朝晩はすこし肌寒い。「こどもの日」も曇りの予想が外れて終日快晴だった、気分転換と運動をかねて近所を散歩しました。この30年で新興住宅街となってしまったが、点と線だけですが緑地が辛うじてのこっています。

こどもの日001

こどもの日002

こどもの日003

こどもの日004

こどもの日005

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
蛇足ながら同日の花です
16756812214_11b2a22b34[1]
キショウブ

17171880637_d70d80e240[1]
シャガ

17193120119_93bb89db0d[1]
シラン

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター