写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤⑥⑦』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

国道246号 江田~梶ヶ谷<或日或処④-8>  

「246」はご存じのとおり三宅坂から「青山通り」、渋谷から「玉川通り」として親しまれた道だ。江戸時代には「大山詣」の道として、江戸から丹沢山塊の一番手前の大山にいたる街道であった(東海道のバイパスでもあった)。246号と東名道は、この大山街道をベースにつくられた道であるので、三者はほぼ並行して走っている。古道大山街道も途切れ途切れだが残っているので歩けば面白い道だ。現在の246号はいわば産業道路で、東京と東海地方を(東名に乗ったりしながら)結んでいて、平日はトラックがバンバン走っているがきょうは日曜なのでトラックは少ない。モーターサイクルが多く、その事故もたしか日本一の道路だ。けっきょく車関連のお店に淘汰されている。

246号001

246号003

246号004

246号005

246号006

246号007

246号008

246号009

246号010

246号011

246号012

246号013

246号014

246号015
スポンサーサイト

森武志写真展 ‛The city is a Theater’ 6/29まで!  

先日、恵比寿で森武志「The city is a Theater」を見た。前回の写真展を再編集した「メキシコ」が、奥の半地下室でメキシカン・カラーの街並みを輝かしている。その手前に、ヨーロッパのモノクロームのスナップショットが渋く・自然に人々に溶け込んでいる。魔法のような森流が楽しめる。さらに撮り続け、厚みと深みを増していくに違いない注目作だ!「アメリカ橋ギャラリー」で29日1700まで。


プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター