写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤⑥⑦』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

梅雨の荒崎 三浦半島荒崎<神奈川考①-2>  


4年前の荒崎はこちら参考:<Tide 或日或処①-2>

<神奈川考①-2>から始めることになりました本シリーズは、前回「神奈川県民の神奈川知らず」と書いたことに拘ったためです。本当にそうなのか?というと、点と線的とはいえけっこう神奈川は自転車で走り回っているのでした。もちろん走り回ったことが神奈川を知ることになるわけでもなく、描くことになるわけでもありませんが、いまいちど歩いて見てみようと考えたわけです。 
半世紀前・・写真学校のモデル撮影授業で荒崎に行くことになりました。いまその時の写真を見てみると、ふだん出席しない生徒もけっこういて、モデルが何人も来るというのが魅力だったのでしょう(実際その一人と××した強者もいた)。ところが、わたしは前日に草月ホールで短編映画祭を観ていて突然ハラが痛くなり吐き気を催して中野のY外科に入院、虫垂炎で明太子みたいなのを切除していました。


梅雨荒崎001

梅雨荒崎002

梅雨荒崎003

梅雨荒崎004

梅雨荒崎005

梅雨荒崎006

梅雨荒崎007

梅雨荒崎008

梅雨荒崎009

梅雨荒崎010

梅雨荒崎011

梅雨荒崎012
スポンサーサイト

杉の寺 大雄山最乗寺<或日或処⑤-8>  

神奈川県民の神奈川知らず(わたしのこと)、横浜在住30年を超えますが興味が東京に向いて、神奈川・静岡といっても東名が近いので厚木から小田厚に乗って箱根~伊豆へと向かうことが多いのです。その間隙に大雄山線というローカルな電車と大雄山最乗寺という古刹があるということはむかしから知っているのですが行ったことがない、大雄山線も乗ったことがない、ということでアジサイもきれいだというので行ってみました。そこは樹齢何百年という杉の大木に囲まれた曹洞宗の大きなお寺でした。神奈川、東京の鳶・消防隊の慰霊碑と講(記念物?)がとりわけ目をひきました。

大雄山最上寺001

大雄山最上寺002

大雄山最上寺003

大雄山最上寺004

大雄山最上寺006

大雄山最上寺007

大雄山最上寺008

大雄山最上寺012

大雄山最上寺009

大雄山最上寺010

水湧きだす街 三島<或日或処⑤-7>  

前回『Before After 三島広小路』で少し触れましたが、日本の景観は「高度経済成長」前後の自然・景観破壊を抜きには語れないというか見ることができません。わたしが慶応病院に入院していたときに「皇太子御成婚」が話題になっていたので1959年、相部屋のKくんの父親が本州製紙の重役で、駿河湾(富士市?)にヘドロを垂れ流し反公害運動の矢面にさらされ見舞いのたびにKくんにこぼしていたのを思い出しますが、それはまだ序の口だったわけです。現在の三島市は、地下水量こそ減ったものの柿田川(沼津市)が復活し、市内を湧き水が流れ市民の憩いの場になっています。水を見ているだけで飽きない街。

水湧く街001
ミシマバイカモ(三島梅花藻)復活の湧水。

水湧く街002
ミシマバイカモ復活中。

水湧く街003
佐野美術館側。

水湧く街004
同、ヤマモモの実。

水湧く街005
水の苑緑地。

水湧く街007
佐野美術館側。

水湧く街008
ミシマバイカモ復活池(正式名称不明)

水湧く街009
水の苑緑地。

BEFORE AFTER 三島広小路<或日或処⑤-6>  

駿河湾に面し、富士山からの湧水が三島~沼津にかけて大量に湧き出て清流となる三島広小路。(たぶん「泥抜きは」と聞こえたのですが、一番上の橋の上でやらないと匂いがのこると言っていました)。豊富な湧き水も、50~60年代の工場誘致によりやせ細り、典型が三島駅前の楽寿園の池が干上がって久しい。清流「柿田川」も一時は製紙工場などの排水でひどい惨状であり、さらに横に火力発電所を中心の大工場を造ることになった。上流、下流での反対運動と、市民。自治体一体になった浄化運動でかろうじて現在の美しい流れが戻ってきたのだそうだ。私と同年輩の人に聞くと、一様に「三島から沼津で魚取りに潜って遊んでいたよ」とおっしゃる。

BEFORE


AFTER


梅雨入り 自然生態園(都筑茅ヶ崎)  

きょう(6/5)気象庁は関東地方の「梅雨入り」を宣言した(あとから訂正したりするからあまり当てにならないが)。朝から梅雨らしい雨なので近くの、むかしはため池だったところを中心に整備した「茅ヶ崎公園自然生態園」に出向いた、蚊がいっぱいで困ったし花はドクダミぐらいしか咲いていなかったが、緑がきれいで雨にぬれていた。10時前には雨もあがり、狭いが起伏もある周回コースと田んぼ、葦原を巡った。うっとうしいというひともいるが、涼しくて好きな季節、自転車に乗れないのが残念ではあるが・・・。

001 茅ヶ崎公園自然生態園

002 茅ヶ崎公園自然生態園

003 茅ヶ崎公園自然生態園

004 茅ヶ崎公園自然生態園

005 茅ヶ崎公園自然生態園

006 茅ヶ崎公園自然生態園

007 茅ヶ崎公園自然生態園

008 茅ヶ崎公園自然生態園

009 茅ヶ崎公園自然生態園

010 茅ヶ崎公園自然生態園

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター