写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤⑥⑦』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

「ピースあいち」から 名古屋<アジア太平洋戦争⑥-6>  

名古屋市名東区に「ピースあいち」という「戦争と平和の資料館」があります。「誕生秘話」によると、1993年「戦争の風化が進むなか、戦争の教訓を次世代の平和のために役立てたいとの思いから、有志が愛知県と名古屋市に公的な資料館の建設を呼びかけ」1999年には県と市が「戦争資料館」開設の結論をだしたが地方財政の悪化により行き詰まってしまった。2005年にそのことを聞いた加藤たづさん(当時84歳)が、一生かけて貯めた財産(土地90坪と1億円)を資料館建設のために寄付され、2007年に開設した。いま、約90人のボランティアの手で「館」を運営し、会員の会費と支援の寄付によって財政が支えられています~という、この話だけでも感動的ですが、限られたスペースを有効に使い、戦争を過去のものとしてとらえるのではなく現在(の戦争)につながるものとして訴えかける姿勢がよく伝わりました。

ピースあいちから001
毒ガスを大量に製造し(陸軍は大久野島、海軍は寒川)おもに中国戦線で使用したのは日本軍でした。このような防毒マスクでは防ぎえない皮膚をびらん状にし戦闘能力を奪い、死に至らしめるもの(「黄」)も製造し、一部使用されました。いまだなお中国には日本軍が遺棄した大量の毒ガス弾があり、日本の費用により処分が続けられています。

ピースあいちから003
東邦高校校門すぐにある「平和の碑(いしぶみ)」。名古屋は航空機の一大生産地で、中島飛行機(武蔵野、太田など)とならぶ三菱重工などの工場が集中していた。現在のナゴヤドームを中心にした広大な一帯が三菱重工名古屋発動機製作所で、1944年12月に空襲を受け、300余名の方々が亡くなった。学徒動員で働いていた東邦商業学校の生徒20名と教師2名も亡くなった。1995年、戦後50年にあたり三菱重工(株)から当時の工場の一部を譲り受けて「平和の碑」を建立した。大きく湾曲しているのは煙突の一部分だという、機銃掃射の跡も生々しい。

ピースあいちから004
同。

ピースあいちから007
東邦高校の近くに「平和公園」という広大な公園墓地がある。ほとんどは戦後市内の区画整理で越してきた墓地だが、ほんのわずか国有地がある。そこが日清、日露戦争の陸軍墓地だ(一部は1937年日中戦争が本格化する前の戦闘時の兵士の墓もある)。こちらは兵士の墓。

ピースあいちから008
兵士の墓の横には将校の墓が・・死してもなお、戦後70年を経てもなお階級の差が。

ピースあいちから009
一角には日露戦争時に捕虜となったロシア軍将兵の墓15基がある。これは1990年に、シベリア抑留されていた元兵士(将校かも?)がロシア兵の墓1基を見つけ、その後の調査で(全国に収容されていた捕虜のうち、名古屋で亡くなった)15名の名前も分かり2003年に完成した墓地です。

ピースあいちから010
「ピースあいち」に展示されている本郷新・作「嵐の中の母子像」。「モチーフは広島の惨害」ということです。
スポンサーサイト

Sketches of TAJIMI 多治見<或日或処⑤-12>  

岐阜県多治見市、ここは夏の猛暑で有名になりましたが、日本の焼き物の里としてあまりにも有名なところです。中学校の仲間が長年ここに住んでいてクラス会というと不自由な体を車に乗せて、毎回東京までやってきていました。そこで今回は、こちらから行ってみようと10人ぐらいで押しかけました。ずいぶん気をつかってくれて、古刹、ひつまぶし、ビッグなモーニング・コーヒー(あの名古屋式の)、作陶、味噌かつ・・と至れり尽くせりでした。わたしはその一部分だけを同行して、ひとりで観光メインストリートを歩いて早めに帰宅。この町は路地々々に入っていくともっと面白いところがあるはずです、それは次回として。












藤原安産堂・下 秩父郡皆野町<或日或処⑤-11>  

お世話になった安藤さんは画家というか美術家というべきか、舞踏とも関係が深く夜は大作を片付けて舞踏のビデオ会となった。かたやSpikeは、ウサギの着ぐるみを着て世界各地に出没するパフォーマー、今回は成田の到着ゲートのところでやるので写真を撮ってほしいという依頼がMizueさんからありました。しかし・・すぐパクられるよというわたしの忠告をいれて中止、まぁその代わりという感じで藤原での邂逅となったわけです。
ところで、この藤原地区ですが水田はむかしは集落の上の方にあったが植林されていまはない。また林業はふるわず、養蚕も全滅、畑というほどのものもない。早朝歩いてみると、大きな家々の前に軽トラが1台あったりするので、ここに一人住んで下に働きにでて夜戻るというパターンと理解しました、対向車が来ないわけです。しかし、こうして衰退し廃村となっていく村は日本中で数多く、けして珍しいことではないのです。「三ちゃん農業」なんて死語で、「長男から出て行く」のも同様、いまは娘さんが出て行く時代だと言われますが、娘もいない村こそ多いのです。


藤原安産堂その二001

藤原安産堂その二002
安藤さんと作品。山仕事をしているので身のこなしは軽快ですが、運転する軽トラも軽快でやや怖し。

藤原安産堂その二003
こちらも美術家の方が借りているようでした、早朝ラジオ体操をやっていました。

藤原安産堂その二004

藤原安産堂その二005

藤原安産堂その二006
「下におりる」ときは引っ越しではないので、かなり乱雑に放っている。この裏(庭)には卒塔婆が無造作に置いてある。


卒塔婆。

藤原安産堂その二007

藤原安産堂その二008
集落の真ん中の沢は、「土石流危険渓流」だった。

藤原安産堂その二009

藤原安産堂その二010
愚痴ばかりでる83歳でしたが、普段は愚痴を言う相手もいないわけです。左はMizueさん。

藤原安産堂その二011

藤原安産堂その二012

藤原安産堂・上 秩父郡皆野町<或日或処⑤-10>  

イギリスのパフォーマー Spike Mclarrityが来日しているので、Mizueさんの案内で秩父(郡)皆野町の村に住居とアトリエを構えている安藤さんの家で落ち合うことになりました(10/19)。地図で見てみると、皆野高校の横から県道に入り酒屋の脇からとにかく登っていくことになり、「対向車が来ないことを願うよ」とMizueさんにメールすると「何年も行っているけど対向車きたことない」と?まぁとにかく「藤原安産堂」というお産婆さん目指して登ればいいのね。そして行ってみると、小さな集落の真ん中に小さなお堂(お寺風神社というような)が「藤原安産堂」でした。安産を願うところで、無事産まれればお礼にまたお参りしてよだれかけを納めてくるという、わりとありそうなお堂でした~ようやく気が付きました。ところが、13軒ある集落に残っているのは高齢者10人だけだそうです。最近までいた子どものいる家族も「下におりた」という。

藤原安産堂その一001
一昨年の大雪で裏側の瓦が落ち、村人で直したのですが高齢者ばかりなので大変だったそうです。

藤原安産堂その一002
よだれかけ。×年×月×日「ありがとうございました。お陰様で~」そして名前が書かれています。わりと最近のものもあるので、訪れる人はたまにいるようでした。

藤原安産堂その一003
お堂の周りは遊具と腰掛けがありますが、もう使われていません。

藤原安産堂その一004
堂内。

藤原安産堂その一005

藤原安産堂その一006

藤原安産堂その一007
急斜面の石垣の村。養蚕をやっていたので大きな家々だ。

藤原安産堂その一008

藤原安産堂その一009

藤原安産堂その一010

藤原安産堂その一011

藤原安産堂その一012

鳥取経由広島行 <アジア太平洋戦争遺跡遺品⑥-5>  

鳥取で開催していた写真展(中山哲史「SEOUL -Street Photo」9/29~10/5)を見て~わたしの写真とはいろんな意味で違うところが魅力的なのですが~広島へ・・・と簡単に考えていたら、鳥取からの高速バスでは5時間以上(高速かい?)、米子にでれば3時間20分とのんびり中国山地を越えて行きました。お土産はいつもユーハイムのバウムクーヘンです、このお菓子は第一次世界大戦時に捕虜になったドイツ兵が似島に収容されていて、この中で(まだ捕虜は正当な扱いを受けていたのです)ユーハイムさんがバウムクーヘンを焼いて広島県物産陳列館(原爆ドーム)に出品し人気を博し、捕虜から解かれて横浜に菓子店を出店しました。
※本blog「似島へ 広島HROSHIMA<アジア太平洋戦争④-6>」参照。

鳥取経由広島行002横浜港
東京港(江東区青海)。

鳥取経由広島行003鳥取
鳥取空港へ。

鳥取経由広島行004鳥取駅
鳥取駅、米子へ。

鳥取経由広島行005
高速バスで島根県を走っている、秋。

鳥取経由広島行007紙屋町地下街
紙屋町地下街。

鳥取経由広島行008横川駅
広電横川駅(JR横川駅前)。

鳥取経由広島行009広島護国寺
広島護国神社(1956年より広島城内)。

鳥取経由広島行010中国管区司令部跡
中国管区司令部跡(半地下式、護国神社前)。

鳥取経由広島行011大手町OKONOMI ISLAND祐源紘史作
大手町中電むかい、OKONOMI ISLAND祐源紘史作。

鳥取経由広島行012基町市営住宅太田川
基町高層アパート群、太田川。

鳥取経由広島行014相生橋太田川
相生橋、太田川。

鳥取経由広島行015平和公園市女慰霊碑
平和公園市立高等女学校慰霊碑(1948年建立、占領下のため「原爆」の語が使用できず、原子力エネルギー公式が刻まれている)。

鳥取経由広島行016平和資料館
炸裂時の市内模型(広島平和記念資料館)。

鳥取経由広島行017平和資料館黒い雨跡
黒い雨跡(広島平和記念資料館)。

鳥取経由広島行018平和資料館ガラス瓶
ガラス瓶(広島平和記念資料館)。

鳥取経由広島行019島内科外科Hypocenter
爆心地直下の島内科外科 Hypocenter。

続・被爆樹木 広島HIROSHIMA<アジア太平洋戦争⑥-4>  

「遠き日の石に刻み 砂に影おち 崩れ墜つ 天地のまなか 一輪の花の幻」原民喜碑(原爆ドーム横)より。

被爆樹木2-001カイヅカイブキ1900ふくしま保育園東移植
カイヅカイブキ ふくしま保育園東・・移植 1900m(爆心地からの距離、以下同)。個人宅の庭木だったものが爆撃・爆風・大火と残留放射能の被曝に遭って、原子野にかろうじて生きながらえて、寺社(そこもやられているのですが)や公共機関内に移植されている例も多いのです。

被爆樹木2-002シダレヤナギ370青少年センター西
シダレヤナギ 青少年センター西 370m。被爆樹木としてのこっているものとしては、爆心地から最も近い樹木です。柳は水辺、凄惨をきわめた太田川のほとり。

被爆樹木2-003シダレヤナギ450こども文化科学館東
シダレヤナギ こども文化科学館東 450m。

被爆樹木2-004シロダモ890長遠寺
シロダモ 長遠寺(大手町) 890m。樹勢がかなり衰えているようでした。

被爆樹木2-005クスノキ1850三篠小移植
クスノキ 三篠(みささ)小学校・・移植 1850m。

被爆樹木2-006ソメイヨシノ1800碇神社ヒコバエ
ソメイヨシノ 碇神社(白島九軒町)・・ヒコバエ 1800m。

被爆樹木2-007クスノキ1870光隆寺ヒコバエ
クスノキ 光隆寺(三篠一丁目)・・ヒコバエ 1870m。

被爆樹木2-008ナツミカン1700光明院移植
ナツミカン2樹 光明院(白島九軒町) 近くの山陽線土手から移植 1700m。みかん、たわわ。

被爆樹木2-009ソテツ1880心行寺移植
ソテツ 心行寺(白島九軒町)・・移植 1880m。

被爆樹木2-010アオギリ1300平和資料館前移植
アオギリ 原爆平和資料館前・・1300m地点で被爆し現在地に移植 1300m。

被爆樹木2-011イチョウ1370縮景園
イチョウ 縮景園 1370m。爆風で爆心地側に倒れ込んでいる。なお、縮景園は日清戦争時に広島城に大本営が移った際に副本営として使われた。

被爆樹木2-012ムクノキ1370縮景園
ムクノキ 縮景園 1370m。爆風になぎ倒されかかったというべきか、大きく傾いたまま猿猴川に落ちそうに、そして敷地からも大きくはみ出していた。

被爆樹木 広島HIROSHIMA<アジア太平洋戦争遺跡遺品⑥-3>  

広島市内(とくに爆心地の周囲1500mぐらいのところ)55個所に170本の「被爆(そして被曝もしているわけだが)樹木」がのこっています。枯れてしまってすでにないものもありますが、多くはこの時季に実をたくさんつけていました。有名な木もあるようですが、多くは他の街路樹や樹木にまぎれています。中には被爆で枯れて、その根元のひこばえから再生したものもあり、しかも5年後に芽を出した木もありました。

被爆樹木001プラタナス天満小1270
プラタナス 天満小学校 1270m(爆心地からの距離、以下同)。小学校の体育館脇に3本が並んでのこっている、大きな傷がつき洞になっているが葉を大きく広げていた。

被爆樹木002クスノキ天満橋西1160
クスノキ 天満橋西側 1160m。

被爆樹木003ナツメ西観音町1430
ナツメ 西観音町(平和大通り) 1430m。傷口の上の方には赤い実がいっぱい実っていた。

被爆樹木004クロガネモチ観音小1770
クロガネモチ 観音小学校の片隅 1770m。個人宅から移植した。

被爆樹木005クスノキ観音小1800
クスノキ 観音小学校塀際に4本が並んで繁っている 1800m。

被爆樹木006ユーカリ二の丸740
ユーカリ 広島城二の丸 中沢啓治「ユーカリの木の下で」という作品の木 740m。幹には炭化した傷が残り痛々しい。
 
被爆樹木007ユーカリ広島城二の丸740
同じユーカリ 広島城二の丸 740m。ユーカリというとまっすぐにすっと背高く伸びているというイメージを抱いていたが、大きく枝垂れていた(台風により幹が途中から折れたこともあるのでその影響かも知れない)。

被爆樹木008クロガネモチ広島城910
クロガネモチ 広島城 910m。他に2本ありオレンジ色の実をたくさん付けている(日清戦争時にここに大本営が置かれ、その庭園に植えられたという)。

被爆樹木009マルバヤナギ二の丸740
マルバヤナギ 広島城二の丸 740m。幹には手当ての「包帯」が巻かれている。

被爆樹木010サルスベリ善正寺1100
サルスベリ 善正寺(寺町) 1100m。花はすでに終えていたが、たくさん咲いたようだ。

被爆樹木011ソテツ西本願寺別院1150
ソテツ 西本願寺広島別院(寺町) 1150m。

被爆樹木012イチョウ報専坊1130
イチョウ 報専坊(寺町) 1130m。左下のバケツ数杯に銀杏がぎっしり。

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター