写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤⑥⑦』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

大英博物館、ルーヴル美術館をはじめ、かつての植民地宗主国の主要な美術館収蔵品は、その植民地の(合法=購入など、非合法=収奪、強奪、盗掘など)宗教的歴史的文物や美術工芸品が中心になっている。旧植民地側からは当然ながら返還の要求があるが、メトロポリタン美術館などの一部を除いて返還の動きは少ない。
日本の植民地時代の朝鮮では、電力事業を推し進めた小倉武之助が古美術の収集を行い、数千点を所有していた。敗戦時にそのうちの1000余点を船で日本に運び「小倉コレクション」として保存していたが、1960年代の日韓条約の交渉時に韓国側から返還を求められた。しかし、日本側は「個人の所有物」ということで突っぱね、小倉の死後、国立博物館(上野)に寄贈され現在東洋館で一部であるが公開されている。この「小倉コレクション」については、もう少し調べていこうと考えています。
追記:岩波新書『コロニアリズムと文化財』(2012年、荒井信一)が分かりやすくまとめている。とりわけ、21世紀に入り多くの美術館、博物館、大学などから「寄贈」という形が多いが、実質返還が実現している。とはいえ、それは全体のごくごくわずかな胎動でしかない。~3/1記
。       

小倉001 冠5C
冠 5C

小倉002 薫炉BC2~1C
薫炉 BC2~1C

小倉003 高坏BC4~2C
高坏 BC4~2C

小倉004 毘盧舎那仏立像9~10C
毘盧舎那仏立像 9~10C

小倉005 薬師如来立像7C
薬師如来立像 7C

小倉006 獣文飾板BC3~1C
獣文飾板 BC3~1C

小倉007 単龍文環頭大刀6C
単龍文環頭大刀 6C

小倉008 土偶5~6C
土偶 5~6C

小倉009 土製勾玉5~6C
土製勾玉 5~6C

小倉010 緑釉博山炉1~3C
緑釉博山炉 1~3C

小倉011 銅製三環鈴5~6C
銅製三環鈴 5~6C

小倉012 菩薩半跏像7C
菩薩半跏像 7C
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hidsby.blog112.fc2.com/tb.php/3071-5067e5a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター