写真集HIDSBY’s Photographs

『樹木派』『アジア太平洋戦争遺跡遺品①②③④⑤⑥⑦』、さらに『田園の憂鬱』が2011年5月完結、『充電式日録』『或日或処』『東京TOKYO』と、てんこ盛り過ぎ!

日向湧水 伊勢原<神奈川考②-17>  

わたしだけかも知れませんが、「湧水」とか「源流」というのは大地の割れ目から渾渾と湧きだす美しく力強いイメージを抱いています。しかし、実際に行ってみると一斗(18㍑)ボトルを何本も手にした人々の行列だったり、竜の口から「湧きだし」ていたりしていてがっかりするのがオチですが。神奈川県は西北部に丹沢山塊を抱え、東側の平野部は大きな恩恵にあずかっています。横浜の水道は(山梨県からですが)相模川の大きな支流 道志川に頼っていますし、座間市の水道はその86%が地下水でとてもおいしいのです。今回は、日向川を遡って、日向湧水をたずねてみました。

日向湧水001
日向川中流は暖かい陽射しを受けている、丹沢山塊の東端になります。

日向湧水002

日向湧水003

日向湧水004

日向湧水005
遡るにしたがい、陽射しが山の上に逃げていきます。

日向湧水006
上流にはキャンプ場がいくつかありますが、この時期はひと気がありません。

日向湧水007
16%の坂を押し歩くと汗が出て薪ストーブが熱い・・・のもつかの間、心地よくなります。

日向湧水008
この壁(砂防ダム?)の上に登れば、本物の泉がありそうですが無理はしません。塩ビ管から湧きだしています。


コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hidsby.blog112.fc2.com/tb.php/3549-fcc866d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

ご意見・ご感想などこちらから

カウンター